【ズルい海外】フィリピン・セブ島なら、生活費9万円で余裕です【1年滞在が教える】

Hey guys! 

フィリピン・セブ島なら、生活費9万円で余裕ですの真相を知りたいあなたへ。

「セブ島の生活費を5万、9万、15万円に分けて紹介。後半で、絶対に外さない観光地なども紹介します。」
こちらを解説していきます。

この記事を書いたタビんちゅは、

  • セブ島留学を1.5ヶ月+1.5ヶ月+9ヶ月=1年
  • 台湾、韓国、フィリピン、マレーシア、アメリカ、オーストラリアで留学経験
  • 大学生の頃からオンライン英会話を5年(2500時間以上)

3分くらいで読めます。ズルい人生を知りたい人だけどうぞ

先日このようなツイートをしました。

フィリピン・セブ島で生活するなら、生活費を抑えて贅沢することができますよ。
5万円:現地の人と同じ生活
9万円:ときどき贅沢する生活
15万円:だいぶ贅沢な生活
しかも、リゾート地なので観光地も多いです。パソコンで円を稼ぎながらペソの生活もいいですね

こちらを深掘りしていきます。

フィリピン・セブ島なら、生活費9万円で余裕です

生活費を抑えながら、贅沢もしたいならセブ島はオススメでよ。

フィリピン・セブ島は安く滞在するのにオススメ

セブ島の中心地はフィリピンの中でも、かなり都会のエリアです。

住むなら、セブシティーがいいです。セブの中心地で観光客も多くて何かと不自由はしません。

特徴は下記です。

  • 日本人・韓国人が多い
  • 日本食・韓国レストランが多い
  • セブで有名な巨大モールが2つある
  • 日本人経営のゲストハウスが多い
  • セブ島で圧倒的に安全

おそらく、思っているより快適に生活できます。それに1年中、夏で年間の平均気温が27度~30度なのでTシャツ、短パン、ビーチサンダルで生活できますよ。それに、花粉で苦しむこともありません。

ゲストハウスで生活費(9万円)

セブ島では、生活費9万円あれば余裕です。

  • 生活費9万円/月
  • 宿泊費  35,000円(ゲストハウス)
  • 食費   25,000円(フィリピン料理多め)
  • 交通費  15,000円(ジプニー・バイクタクシー多め)
  • その他  15,000円(生活用品・ビザ代など)

日本人オーナーのゲストハウスだと月3万5千円くらいです。食事は現地の食堂だと300円でおなかいっぱい食べられます。

移動は現地の人が使っているジプニー(簡易バス)を使えば20円くらいですみます。

バイクタクシーはだいたいタクシーの半分くらいの値段で乗れます。しかし、ジプニー・バイクタクシー両方とも慣れが必要です。

頑張れば、5万円以下にすることもできます

現地の人に近い生活をしたら、5万円で十分です。

ちなみに、フィリピンの平均月収は4万円です。彼らの食費は1食150~200円くらいです。フィリピンのお米は1kg100円くらいです。

日本だとお米は安くて1kg400円くらいなので、かなり安いです。案外、フィリピンのお米は、パラパラしていて美味しいですよ。

宿泊費やビザ代は仕方ないとして、食費や交通費、生活用品を現地の人と同じ生活をすると、かなり節約できますよ。

タビんちゅは、友達の家に無料で2ヶ月泊めてもらい、現地の人と同じ生活をしていたときもあります。そのときは生活費は2万円以下でした。

日本人・外国人向けのコンドミニアムの生活費(15万円)

セブ島で贅沢に暮らしたいなら生活費は15万円/月くらいです。東京だとおそらく40万円以上はかかる生活レベルです。

  • 生活費15万円/月
  • 宿泊費  60,000円(コンドミニアム)
  • 食費   40,000円(日本食多め)
  • 交通費  30,000円(タクシー多め)
  • その他  20,000円(生活用品・ビザ代など)

ビザについて参考記事:Cebupot

日本人・外国人向けのいいコンドミニアムは、24時間警備員が在住していて月6万円くらいします。

食費は日本食だと日本と同じ値段くらいか少し安いくらいです。タクシーは初乗り80円で日本と比べると、9分の1くらいなので毎日乗っても大丈夫です。

タビんちゅの経験上、セブ島のCoCo壱や吉野家、日本のラーメン店、日本人オーナーがやっている居酒屋などの値段は日本と同じで、味も同じですよ。

フィリピン・セブ島は、こんなところ

1年間滞在したからわかる、リアルなセブ島について紹介していきます。

  • ブラック企業は、たぶんない
  • 世界最高のホスピタリティ
  • タクシーが便利すぎる
  • おすすめの観光地

ブラック企業は、たぶんない

フィリピン人は仕事を、いい感じに適当にします。

おそらく、フィリピンではブラック企業はないと思います。レストランやスーパーに行くとわかりますが、店員さんはいい感じに適当です。

スーパーの店員さんは歌いながら仕事をしていたり、スマホを見ていたりです。お客さんが少なく、暇な時はなにをしてもいいという感じです。そして、定時に帰るのは当たり前です。

仕事より家族を大切にするので、仕事終わりの飲み会なんかもありません。飲みに行く時は、上司ではなく、仲のいい友達といきますよ。

フィリピン人はなにより、家族を大切にします。日本のように、仕事第一ではないでのブラック企業はありえません。そして、3年に1回くらいのペースで転職します。いい感じに適当に仕事をしているみたいです。

世界最高のホスピタリティ

フィリピン人のホスピタリティは世界一だと思います。

大家族で育つフィリピンの人々は、生まれつき素晴らしいホスピタリティを持っています。

そのホスピタリティを生かして世界中で活躍しています。

例えば

  • ナース
  • ベビーシッター
  • ウェイター・ウェイトレス
  • ホテルの従業員

などの職業で、フィリピン人は世界中で活躍しています。ホスピタリティがあり、フレンドリーで穏やかな国民性は、サービス業に向いるみたいですね。

タビんちゅのフィリピンの友達も、とても気がききます。そして、一緒にいるだけで、周りの人を明るくしてくれます。フィリピン人の友達の周りはいつも、にぎやかでみんなニコニコしています。

タクシーが便利すぎる

フィリピンのGrabタクシーは、日本のタクシーより便利です。

海外に行くとUberやLyft。フィリピンだとGrab。安くて便利な配車サービスがあります。

現在地と行き先を入力し、その情報をみて運転手が乗客を選びます。

そのGrabタクシーが今どこにいるのか、あと何分で、自分のところに到着するのかもマップを見ながらわかります。乗客は道案内もしなくていいし、値段も乗る前から表示されます。

Grabタクシー

おすすめの観光地

最後に、おすすめの観光地を紹介します。

セブ島といえば、リゾート地として有名ですよね。

セブ島に1年滞在したタビんちゅが厳選した、絶対に外さない観光地、レストラン、モールです。

  • 【観光】オスロブ+カワサン滝・スミロン島・シマラ教会
  • 【レストラン】バイキング・ジョリビー・カサベルデ・SUGBO MERCADO
  • 【モール】SMシーサイド・SMCITY・アヤラモール

詳しくはこちらをどうぞ

結論:セブ島は最高ですよ。リラックスできるし、安くで贅沢な生活もできます。セブ島に住んでみると、日本と違いすぎていい意味で価値観が変わるかもしれません。

読んでくれてありがとうございました。

よかったらTwitterのシェアをよろしくお願いします。タビんちゅの励みになります。

タビんちゅおすすめの、オンライン英会話(7日間無料です)