【短・ズルいブログ】毎日更新を、100記事続けるテクニックは超簡単です

Hey guys! 

毎日更新を、100記事続けるテクニックは超簡単です

「ブログは型が重要。ペルソナ(誰に向けて書くか)。ネタ切れしない方法。Twitterの利用法。」こちらを解説していきます。

この記事を書いたタビんちゅは、

  • 毎日ブログを200記事、継続中です。
  • テクニックを使って、楽にブログを書いています。

要点をまとめたミニ記事です。ズルいブログを知りたい人だけどうぞ

先日このようなツイートをしました。

https://twitter.com/tabin_chu100/status/1144901354357264390

「ブログでネタ切れです」という人は多いですね。ネタ切れにならない方法は、いくつかありますよ
例えば、読書で学んだ知識を記事にしたり、Twitter・ブログを頑張っているなら、そのノウハウも記事にできます
自分の行動をもう一度見直してみると、案外ネタは転がってますよ

こちらを深掘りしていきます。

毎日ブログを、100記事続けるテクニックは超簡単

200記事書いてきたテクニックを、詳しく解説していきます。

毎日ブログは、型が重要

ブログは型にはめると、サクサク書けるようになります。

タビんちゅの記事は型にはめて書いています。そのほうが時間も短縮でき、まとまりのある記事が書けるからです。

今回の記事を例にすると

  • タイトル:【短・ズルいブログ】毎日更新を、100記事続けるテクニックは超簡単です
  • 記事、タビんちゅの紹介
  • 見出し:毎日ブログを、100記事続けるテクニックは超簡単
  • 小見出し(400文字):毎日ブログは、型が重要
  • 小見出し(400文字):ブログで、ペルソナ(誰に向けて書くか)は大切です。
  • 見出し(400文字):ブログを100記事続けるまでに、ネタ切れしない方法
  • 小見出し(400文字):Twitterは、ブログと相性抜群

これで、400文字×4=1記事1,600文字です。

慣れると、この量なら1時間以内で書けるようになります。

1記事3,000文字にしたいなら「小見出し(400文字)」を増やしていけばいいだけですね。

ブログで、ペルソナ(誰に向けて書くか)は大切です。

具体的な人物をイメージして、ブログを書くと記事の内容に統一性が生まれます。

例えばペルソナは

  • 30代で仕事をしながら子育てをしているお母さん
  • ブラック企業で日々辛い思いをしている40代の男性
  • 英会話をしたいのにTOEICの勉強している大学生

などです。

ペルソナが決まればその人に向けて、お役立ち情報をブログで発信します。

「英会話をしたいのにTOEICの勉強している大学生」とは数年前のタビんちゅです。

ペルソナがイメージしにくいなら数年前の自分に向けて書くといいですよ。

あなたが数年前に欲しかった情報は、同じように今、困っている人にとっては有益な情報ですから。

Twitterも同じようにペルソナが大事です。

【短・ズルいTwitter】「いいね」をくれるフォロワーを、確実に増やす方法【実例あり】

ブログを100記事続けるまでに、ネタ切れしない方法

結論からいうと、ブログを書きながら、インプットし続ければいいのです。

タビんちゅは100記事書いている時も、ネタ切れしないように情報収集をしていました。

新しいことを始めて、それを記事にします。例えば下記です。

  • 読書→得た知識を記事にする
  • Twitterを毎日15ツイートする→フォロワーを増やす方法の記事
  • ブログを100記事書く→100記事書くノウハウ記事

大きなブログネタを2、3個もち、新しいことに挑戦していけば、その成果をお役立ち情報として記事にすることができます。

行動しつつ次のネタを考えることで、ネタ切れはなくなりますよ。

Twitterは、ブログと相性抜群

それでは、今回はこれくらいにします。

最後に、とっておきのネタ探しの方法をひとつ。

ブログをやるなら、Twitterを利用すべきです。なぜなら、Twitterはブログネタ製造機だからです。

タビんちゅは、ツイートで反応のいいものをブログ記事にしています。この方法だとネタ探しの時間もはぶけて、需要のある内容を記事にできるので一石二鳥です。

ということで、タビんちゅは、これからも新しいことに挑戦しつつ、ブログネタを増やしていきます。

読んでくれてありがとうございました。

よかったらTwitterのシェアをよろしくお願いします。タビんちゅの励みになります。

タビんちゅおすすめの、オンライン英会話(7日間無料です)