【短・ズルい英会話】戦う前から大損している、英語ができないということ【体験談】

Hey guys! 

戦う前から大損している、英語ができないということ

「海外と接したければ、英語は絶対に必要。日本のニュースは、世界のことは報道しない。ペラペラになる必要はない。」

こちらを解説していきます。

この記事を書いたタビんちゅは、

  • 英語ができることで、人生でたくさんのことを経験できました
  • 大学生の頃からオンライン英会話を5年(2500時間以上)
  • 台湾、韓国、フィリピン、マレーシア、アメリカ、オーストラリアで留学経験
  • サクッと読める記事です。ズルい英会話をしたい人だけどうぞ

先日このようなツイートをしました。

英語ができないと、戦う前から大損しています
日本のニュース番組では、世界で起こっていることを報道してくれません。国内のことがほとんどです
世界の情報を知りたいなら、英語で海外のニュースやサイトから情報を得なければいけません。英語で得られる情報量は何倍も多いですよ

こちらを深掘りしていきます。

戦う前から大損している、英語ができないということ

あなたも大損しているかもしれません。

海外と接したければ、英語は絶対に必要

英語ができない。は戦う前から不利です。

ホリエモン(英語の多動力より)

海外と接触したければ、グローバルに活躍したければ、英語は絶対に必要。英語ができるとコネクションの数と情報量が何十倍にもなる。英語ができない人は、それができる人と競争していることを自覚しなければならない。土俵に上がる前から不利なのだ。

そのとおりです。

世界で起きていること、最新技術などはまず、英語で情報が発信されます。

日本語に翻訳されるのをただ待っているだけだと、

世界中にいるライバルに先を越されます。

もしかすると、日本語に翻訳されないかもしれませんよ。

日本のニュースは、世界のことは報道しない

世界で起きていることを知りたいなら、英語は必須です。

日本のテレビで海外の情報を得るのは難しいです。

海外で起こっていることを知らないということは、

日本と海外の感覚にズレが生じる原因になります。

海外に行くと気づくのですが、日本は、終身雇用制度があったり、クレジットカードが使えないお店が多かったり、世界から見るとかなり特殊な国なのです。

日本の当たり前は海外では、当たり前ではないのです。

英語ができなくても、ペラペラになる必要はない

日本人の悪い所は、英語を完璧にしようとすること。

正直なところ、英語はネイティブのようにペラペラになる必要はありません。

自分の言いたいことが伝えれて、

ある程度、相手が何を言っているのかわかればいいのです。

タビんちゅの、中国やタイ、インドネシアの留学生の友達は完璧な英語を話していません。

でも、彼らはコミュニケーションは英語でとり、論文発表も英語します。

日本人の悪い所は、完璧を求めてしまうところです。完璧を目指しているといつまでたっても、英会話できませんよ。というか完璧は無理です。ブロークンイングリッシュでいいので話すことが大切です。

話すと分かりますが、カタコト英語でも案外通じますよ。

最後に:本当の英語はシンプルで簡単です。

英語ができると人生楽しくなるということをお伝えして終わりにします。

英語ができると楽しいですよ。

ありきたりの言い方ですが本当に世界が変わります。世界の素晴らしい情報を手に入れることができたり、外国の人と友達になったり、海外の文化に触れたり、日本人とは違う意見をきけたりしますよ。

あと、外国の人と付き合うことができるかもですよ。

というわけで、タビんちゅはこれからも英語を使って、人生をエンジョイしていきます。

オンライン英会話・ネイティブキャンプ

タビんちゅ専用の紹介リンクhttps://nativecamp.net?cc=FR_39276(このリンクから会員登録で2,000円分のコインが貰えます)よかったらお使いくださいませ。

読んでくれてありがとうございました。

よかったらTwitterのシェアをよろしくお願いします。タビんちゅの励みになります。

タビんちゅおすすめの、オンライン英会話(7日間無料です)