【短・ズルい英会話】本気で英語を話したいなら、参考書から離れる勇気です

Hey guys! 

本気で英語を話したいなら、参考書から離れる勇気です。

「悲報:英会話は参考書からは、習得できません。実践から学ぶと、参考書より100倍早く上達します。」

こちらを解説していきます。

この記事を書いたタビんちゅは、

  • 英会話中心の勉強法にして、英会話をマスターしました。
  • 大学生の頃からオンライン英会話を5年(2500時間以上)
  • 台湾、韓国、マレーシア、アメリカ、オーストラリアで留学経験

要点をまとめたミニ記事です。ズルい英会話をしたい人だけどうぞ

先日このようなツイートをしました。

みんな勘違いしがちですが、英文法の参考書は、あくまでサポート役です。
読みまくっても、英語が話せるようにはなりません
本気で英会話を習得したいなら、実際に外国人と話すことです。そこから学ぶことのほうが圧倒的多いですよ

こちらを深掘りしていきます。

本気で英語を話したいなら、参考書から離れる勇気

参考書を何回読んでも、残念ながら英会話は上達しません。

悲報:英会話は参考書からは、習得できません

みなさん勘違いしがちですが、どんなに参考書を読んだところで英語を話せるようにはなりません。参考書はあくまでサポート役です。

ほとんどの参考書は、英語の文法が細かく丁寧に書かれています。

参考書というものは、英語の文法をすべて網羅しないといけないので、仕方ないです。そういうものと思ってください。

具体的に言うと、日常英会話では使わない、難しくて複雑な英文法も載っているということです。

参考書を信じ込んで、完璧になるまで隅から隅まで読んでいると、いつまでたっても英語を話せるようにはなりませんよ。

英語は、すべて学ぶ必要はない

外国人と話すとわかるのですが、本当の英語はシンプルで簡単です。

タビんちゅは、大学で留学生の友達ができて、そのことに気づきました。

彼らの英語は、中学レベルのシンプルなもので、参考書に載っている謎に難しい、過去完了進行形などは滅多に使いません。

参考書と本当の英語の違いは、下記です。

  • 参考書の英語→本当の英語
  • 大量の英単語を覚える→日常で使う英単語だけでOK
  • 難しい英文法を理解する→中学レベルの文法でOK
  • すべてを暗記する→日常英会話は簡単なものばかり
  • 完璧な英語を目指す→間違った英語でも伝わればいい

中学レベルの英文法で会話は通じますよ。あとは、実際に英会話をしながらレベルアップしていけばいいのです。

厳選した2冊を下記の、記事にまとめました。

英会話は実践から学ぶと、参考書より100倍早い

英語を最速で習得したいなら、外国人と話して実践から学ぶことです。

英会話しながら学ぶと、無駄なく必要なものから覚えていくので圧倒的に効率がいいですよ。

英会話する→伝わらない(3秒だけ落ち込む)→伝わらないとことを改善する→英会話する→今度は伝わる(心の中でガッツポーズ)

上記のように、最初は伝わらなくても何回もトライすることで、自然と英語が話せるようになります。

外国人と話すことに、躊躇する人もいると思いますが、恥ずかしいのは最初だけです。大丈夫です。慣れますよ。

タビんちゅも最初は、カタコト英語&ジェスチャーからの英会話でした。それでも何回もトライしました。

外国人と話す環境に、飛び込むべき

最後に、大切なことをひとつ

ぜひ、外国人のいる環境に自分から飛び込んでください。国際交流会、海外留学、オンライン英会話などなんでもいいです。

タビんちゅのオススメはオンライン英会話です。初心者でも、いつでも、どこでもスタートできますからね。

まずは、小さな勇気を出して行動です。外国人の友達ができると、すべてが新鮮で人生楽しくなりますよ。

読んでくれてありがとうございました。

よかったらTwitterのシェアをよろしくお願いします。タビんちゅの励みになります。

タビんちゅおすすめの、オンライン英会話(7日間無料です)