【1分解説】フィリピンではブラックコーヒーの概念はない!?

Hey guys! 

ミニ記事はタビんちゅが思ったことをかるく記事にしています。

500~1000文字のツイッターの長い版です。

1分でサクッと読めます。

先日このようなツイートをしました。

フィリピンのコーヒーは基本甘いです。ブラックと書いていても砂糖が入っているものもありますよ。
フィリピン人がいうには、ブラックコーヒーは苦すぎて飲めないらしいです。1袋12円くらい。

この内容を深掘りしていきます。

ブラックコーヒーはどこ?

フィリピンでブラックコーヒーを手に入れるのは至難の技です。

まず見つかりません。スタバなどに行けばありますがスーパーやコンビニでは見つからないです。

フィリピンのコーヒーは3 in 1 で1つにコーヒー、ミルク、砂糖がミックスされているものが定番です。

しかも日本のコーヒーの2倍くらいの甘さです。

慣れないうちはコーヒーの袋半分でカップ一杯のお湯で、ちょうどいい甘さです。

フィリピンの飲み物はジュースも、コーヒーも甘いので少し健康面で心配になりますが。

どうしてもブラックコーヒーを飲みたいなら

カフェかスーパーにたまにある瓶に入っているコーヒーの粉を買うといいかもしれません。

タビんちゅのフィリピン人の英語の先生に

ブラックコーヒーを飲ませてみると

こんな苦いの飲むなんて日本人ありえな~いと言われましたw

まあ、ここまで書いといて、あれなんですがタビんちゅは甘いコーヒー派なのでブラックコーヒーがあっても無くてもどちらでもいいのですがねw

読んでくれてありがとうございました。

よかったらTwitterのシェアをよろしくお願いします。タビんちゅの励みになります。

タビんちゅおすすめのオンライン英会話
『【初心者必見】英会話教室よりオンライン英会話が圧倒的におすすめ【コスパが神です】』