【1分解説】スーパーの前で大きめの銃を持っている男 in フィリピン

Hey guys! 

ミニ記事はタビんちゅが思ったことをかるく記事にしています。

500~1000文字のツイッターの長い版です。

1分でサクッと読めます。

先日このようなツイートをしました。

フィリピンのスーパーの前で銃を持っている人をよく見ます。
銀行やレストランの前にもいます。
ちょっと怖いなー。

銃で撃たれる?

フィリピンのスーパーで買い物しようとすると

大きめの銃(ショットガン?)を持った人がいました。

怖い顔でこちらをにらみつけています。

怖い。。。何かされるのか?撃たれるのか?

タビんちゅの旅もここで終わりか?

実は、この人はスーパーの警備員さんで、

フィリピンではスーパーやホテル、

銀行の前には必ず銃を持った警備員さんがいます。

慣れるまでは、怖いです。。。

しかも、スーパーなどでは店内にカバンや持ち物を持ち込めないことがあります。

スーパーの入り口で警備員さんに預けてから中に入らないといけません。

デパートだと空港のような金属探知機を通ります。

その探知機はほぼ100%の確率で鳴ります。

すると警備員の人にカバンを開けてと言われ、中身を軽くチェックされます。

さらに、腰に銃を持っていないかの確認のため軽く触られます。

ほぼ流れ作業で、この一連の動作が5秒くらいで終わります。

ガッツリはチェックしてない感じです。

セキュリティ上の問題らしいです。

なので、初めてフィリピンのスーパーを訪れる時は、

冷静に彼らにカバンの中を見せましょう。

よかったらTwitterのシェアをよろしくお願いします。

読んでくれてありがとうございました。