【1分解説】日本人はレディーファーストを知らない

Hey guys! 

ミニ記事はタビんちゅが思ったことをかるく記事にしています。

500~1000文字のツイッターの長い版です。

1分でサクッと読めます。

オーストラリア人がレディーファーストを教えてくれた

タビんちゅが始めて友達になった留学生はオーストラリア人でした。

ある時、彼が女友達とお店に入ろうとしているところを見かけました。

その時、彼はスッと女友達の先を歩き、お店のドアを開けたのです。

レディーファーストです。

とても自然でした。

いつも当たり前にやっている感じでした。

正直、かっこよかったです。

それからダビちゅも女性といる時は先にドアを開けるようにしました。

最初はあからさまにやってしまって、かなりぎこちなかったです。

あと、日本だとレディーファースト文化がないので

自分のやっていることに少し恥ずかしさもありました。

その数年後にフィリピン・セブ島で

フィリピンの女性の先生と出かけた時

何気なく先にお店のドアを開けると

「oh, gentleman!」と驚いていました。

嬉しかったです。

タビんちゅも少しレディーファースト精神が身についてきたみたいです。

他にもこんなレディーファーストがあるみたいです

  • エレベーターでは扉を押さえて女性を先に乗せる(降りると時も)
  • 階段を下りるとき、水溜り付近では手を差し伸べる
  • 重い荷物は代わりに持つ
  • 座りやすいよう女性の椅子を引く
  • 道路を歩く時は車道側を男性が歩く

外国人でも日本人でもレディーファーストをしてもらうと嬉しいと思いますよ。

よかったらTwitterのシェアをよろしくお願いします。

読んでくれてありがとうございました。