【1分解説】マジ!?時給200円・日給800円

Hey guys! 

ミニ記事はタビんちゅが思ったことをかるく記事にしています。

500~1000文字のツイッターの長い版です。

1分でサクッと読めます。

先日このようなツーイトをしました。

時給200円!?
フィリピンの英語先生が自分の時給を教えてくれた。
時給100peso = 200円だった。。。安い
彼女たちの昼ごはんは大体100円です。
先生の中には仕事を2つ掛け持ちしてる人もいます。

フィリピンの時給

フィリピン・セブ島で英語の先生がこっそり、時給を教えてくれた。

先生の時給は100peso=200円だった。

マジ!?

8時間で1600円。。。日給が東京の時給と同じくらい。。。

夜の屋台、いわゆる夜市で働いている若い女の子たちの日給は8時間で380peso=800円くらいです。

これはセブ島の最低賃金らしいです。セブ島の日給は日本の時給ぐらいです。

それが理由かわかりませんが、

セブ島ではスーパーの店員さんが仕事中におしゃべりしてたり、

携帯見ていたり、テレビを見ていたり、客が来たら働らくという感じです。

それに、レストランなどの店員の数が日本の倍以上いて結構暇している人も見かけます。

セブ島の人は仕事は気楽にやっているって感じですね。

ちなみに、フィリピン・セブ島の英語の先生たちは1食100円以下ですませています。

近くの惣菜を売っているお店からおかずを1、2品買い、

持参したお米を食べています。

よかったらTwitterのシェアをよろしくお願いします。

読んでくれてありがとうございました。

note第2弾
【100円セール】神アプリ。オンライン英会話を知らないあなたは損している【海外旅行前・英語初心者・子供英会話】