【1分解説】留学生のノートを見た日の話

Hey guys! 

ミニ記事はタビんちゅが思ったことをかるく記事にしています。

500~1000文字のツイッターの長い版です。

1分でサクッと読めます。

先日このようなツイートをしました。

留学生が日本語を勉強しているのを見てると、日本人が英語を習得することよりも難しいそう。日本語勉強のコンテンツは英語勉強のコンテンツより少ないし、日本語はかなり複雑な言語で敬語や漢字まで覚えないといけない。それと比べると英語の習得は簡単なのかもしれない

この内容を深掘りしていきます。

留学生はすごく努力をしていた

タビんちゅの友達にマレーシア人の留学生の友達がいます。

タビんちゅが大学2年生のとき、彼は大学3年からの編入生でした。

学年は彼が1つ上だったのですが、マレーシアでは取っていなかった

履修科目の関係で一緒のクラスになることがありました。

彼のキャラクターはチャラくて、いい加減という感じです。

少し距離を置いて接していました。

しかし、彼が嫌いというわけではないので

クラスではたまに隣の席になっていました。

彼の日本語のレベルは大学の講義を問題なく受けれるレベルです。

ある日、タビんちゅがノートをとれなかったところを埋めるために

彼のノートを借りた時、そのノートを見て驚きました。

ノートは綺麗にまとめられていて

日本語の難しい表現のところに英語で説明が書いてあったり

あとで調べるためにマークをつけていたり

あのチャラくて、いい加減な彼がすごい努力していることを知りました。

彼は日本の慣れない環境で

日本語という難しい言語ですごく努力をしていました。

彼が日本語を覚えるということは、

日本人が英語を覚えることより難しいかもしれません。

日本には英語の参考書やコンテンツが山ほどあります。

しかしマレーシア人が日本語を習うためのコンテンツは

日本人が英語を習うためのコンテンツよりは充実していません。

そんな環境下で日本語を習得して留学生として今、日本にいるのです。

それから彼を見る目が変わり彼の努力に尊敬しました。

このことは他の留学生にも言えることです。

留学生は外国日本で毎日すごい努力をしています。

そんな彼らと一緒にいるとタビんちゅも英語の勉強をがんばろうという気持ちにさせてくれます。

読んでくれてありがとうございました。

よかったらTwitterのシェアをよろしくお願いします。タビんちゅの励みになります。