【ズルいネイティブキャンプ】グロ注意な卵が大人気!?フィリピン先生に聞いちゃった

Hey guys! 

【ズルいネイティブキャンプ】グロ注意な卵が大人気!?フィリピン先生に聞いちゃった

「【衝撃】フィリピンで大人気の卵、バロット。後半:毎日継続がムリな人が、やるべき3つの裏技【オンライン英会話勉強法】」

こちらを解説していきます。

セブ島に3回留学のタビんちゅが、オンライン英会話ネイティブキャンプの先生に、ディープなことを聞いちゃいました。

この記事を書いたタビんちゅは、

  • 高校時代は60点の悲惨な英語レベル→今は外国人とデートできる英語レベル
  • 大学生の頃からオンライン英会話を5年(2500時間以上)どハマり中です
  • 台湾、韓国、フィリピン、マレーシア、アメリカ、オーストラリアで留学経験

ちなみにTOEICで400点以上の人なら、ネイティブキャンプを1ヶ月間、毎日2時間を続けると簡単な英会話ができるようになりますよ

記事はサクッと書いているので、誤字脱字があったらすみません。

先日このようなツイートをしました。

バロットというグロ注意のフィリピン名物の卵の話。フィリピン先生にオススメ料理を聞くとほぼ100%で進めてくるその卵
実態は、孵化直前のアヒルの卵を加熱したゆで卵。タビんちゅは見た瞬間食べるのを諦めました

こちらを深掘りしていきます。

【ズルいネイティブキャンプ】グロ注意な卵が大人気!?フィリピン先生に聞いちゃった

というわけで今回は、セブ島に3回留学のタビんちゅがズバリ、グロ注意な卵が大人気の真実について聞いちゃいました

【衝撃】フィリピンで大人気の卵、バロット

バロットという、孵化直前のアヒルの卵を加熱したゆで卵がある

(🇵🇭フィリピン・セブ先生、🇯🇵タビんちゅ)

🇯🇵バロット食べたことある?
🇵🇭あるよ。美味しいよ~

🇯🇵見た目グロい卵だよね
🇵🇭ちゅうちゅう食べるからもっとグロいよ笑

🇯🇵。。。

こんな感じです。

フィリピンに行くと現地の人に100%勧められるゲテモノ料理はバロットです。

孵化直前のアヒルの卵を加熱したゆで卵で、卵の中は孵化直前のアヒルなので

小さくて可愛い目や、羽毛も生えています。

タビんちゅは何度もフィリピンの友達に勧められましたが

なかなか、小さくて可愛い目と目が合いそうで食べることができませんでした。

ちなみに、フィリピンでバロットは簡単に手に入ります。

日本の焼き芋屋さんみたいに、おじちゃんが自転車で移動しつつ売っています。

大声で「バロッ〜!バロッ〜!」と聞こえたら、それはバロット屋さんです。

卵が産まれてから16日目~21日目のもの、だから食感が変わる

バロットと言っても産まれてから何日目かで食感が変わるらしい

16日目が一番人気で卵の状態に近く、雛も柔らかい

21日目は雛の形ができてきて、羽根、骨、クチバシごと食べるのでパリパリとした食感になり、味も鶏肉に近い

ちなみに、フィリピン先生情報ではバロットは滋養強壮に良く、二日酔いにも効くらしい。

まあ、滋養強壮、二日酔いに良いと言われても、タビんちゅはバロットに手を出す勇気がありません。。。

後半は、英会話を最速上達させるコツをシェアしていきます。

【ネイティブキャンプ】毎日継続がムリな人が、やるべき3つの裏技【オンライン英会話勉強法】

いきなり、きびしめですが、英会話は毎日やらなくては永遠に上達しません

本気で英会話を習得するには

オンライン英会話の毎日継続は必須

そこでサボりぐせをなくし、さらにモチベーションUPさせる継続の裏技をシェアします

  • お好みの先生をみつける
  • ルーティン化のため朝イチでがんばる
  • 25分がきついなら、中断もあり

これで、英会話上達が高速化します

より詳しくは、関連記事を貼っておきますね

関連記事:

最後に:楽しむことも忘れずに

楽しくないと毎日継続はムリです。

小さいことは気にせずに、オンライン英会話を楽しむ工夫をしてみてください。

先生が何を言っているのか最初はわからなくても、繰り返して学ぶことで徐々に理解できるようになりますよ。

英語習得のコツは、楽しく永遠にやるですよ。

タビんちゅは今日も、お気に入り先生とオンライン英会話を楽しんできます。

というわけで、今回はこのくらいでおわりにします。ではでは。

オンライン英会話・ネイティブキャンプ(7日間無料です)

タビんちゅ専用の紹介リンク→https://nativecamp.net?cc=FR_39276(このリンクから会員登録でコインが貰えます)よかったらお使いくださいませ。

読んでくれてありがとうございました。

よかったらTwitterのリツイートもよろしくお願いします。タビんちゅの励みになります。

人気No.1記事: