【365日オンライン英会話】手で食べる!?激うまフィリピン飯。先生に聞いてみた

Hey guys! この記事を書いたタビんちゅは

  • 文法ばかりの学校英語で英語アレルギー▶︎でも英語話す人への憧れ▶︎オンライン英会話と運命の出会い▶︎4年間どハマり中▶︎スピーキング力開花▶︎渡航歴🇵🇭×3🇰🇷×3🇦🇺🇹🇼🇲🇾🇺🇸

そんな、知ってる英単語でなんとか英会話していたタビんちゅが、外国人とデートできるまでになった記録です。

前半:手で食べる!?激うまフィリピン飯
後半:【365日オンライン英会話】英語ができないと、戦う前から大損している話【体験談】

ちなみにTOEICで400点以上の人なら、ネイティブキャンプを1ヶ月間、毎日2時間を続けると簡単な英会話ができるようになりますよ

先日このようなツイートをしました。

こちらを深掘りしていきます。

【365日オンライン英会話】手で食べる!?激うまフィリピン飯

手で食べるのも意外とクセになる

(🇵🇭フィリピン・セブ先生、🇯🇵タビんちゅ)

🇵🇭ブードルファイトのお店行ったよ
🇯🇵何それ、戦い?

🇵🇭違うよ笑。素手で食べるレストラン
🇯🇵素手?日本人には抵抗あるなあ

🇵🇭でも、みんなで食べるから美味しいよ~

こんな感じです。

フィリピン軍隊式食事法ブードルファイト

フィリピンでは、手で食べるブードルファイトという文化があります。手で食べるとはその名の通りスプーンもフォークも使わず素手だけで食べます

基本的にはお皿ではなくバナナの葉の上に特大ライス、シーフード、豚肉鶏肉のBBQなどをたくさんの料理を並べてみんなで食べます

タビんちゅはセブ留学中に先生に連れられて、初ブードルファイトレストランに行きました。最初は素手で食べることに抵抗ありました。だって、日本だと小さい頃素手で食べようとしてよく親に怒られましたからね

まあ、フィリピンに来たらフィリピン流に従うが一番です。そしてブードルファイトやってみると意外と難しくて、特にフィリピンライスは素手で食べようとするとポロポロ手から落としてしまします

いやー、素手で食べるフィリピン軍隊式食事法ブードルファイト、面白い経験でした。そして素手で食べるのは少しイケナイことをしているみたいでクセになっちゃいました(日本ではなかなかできませんけどね笑)。

おすすめサイト:

【365日オンライン英会話】英語ができないと、戦う前から大損している話【体験談】

英語ができないと、戦う前から大損しています。日本のニュース番組では世界で起こっていることを報道してくれません。国内のことがほとんどです。世界の情報を知りたいなら、英語で海外のニュースやサイトから情報を得なければいけません。英語で得られる情報量は何倍も多いです

海外と接したければ、英語は絶対に必要

英語ができない。は戦う前から不利です。

ホリエモン(英語の多動力より)

海外と接触したければ、グローバルに活躍したければ、英語は絶対に必要。英語ができるとコネクションの数と情報量が何十倍にもなる。英語ができない人は、それができる人と競争していることを自覚しなければならない。土俵に上がる前から不利なのだ。

そのとおりです。世界で起きていること、最新技術などはまず、英語で情報が発信されます。日本語に翻訳されるのをただ待っているだけだと、世界中にいるライバルに先を越されます

もしかすると、日本語に翻訳されないかもしれませんよ。

関連記事(詳しくはこちら):

最後に:完璧を目指さなくていいので、英語は簡単

最後に、英語ができると人生楽しくなるということをお伝えして終わりにします

英語ができると楽しいです。ありきたりの言い方ですが本当に世界が変わります。外国の人と友達になったり海外の文化に触れたり、日本人とは違う意見をきけたりしますよ。あと外国の人と付き合うことができるかもですよ

タビんちゅは、これからも英語を使って人生をエンジョイしていきます。

というわけで、今回はこのくらいでおわりにします。ではでは。

オンライン英会話・ネイティブキャンプ(7日間無料です)

タビんちゅ専用の紹介リンク→https://nativecamp.net?cc=FR_39276(このリンクから会員登録でコインが貰えます)よかったらお使いくださいませ。

読んでくれてありがとうございました。よかったらTwitterでリツイートしてくれたら嬉しいです。

人気No.1記事