【ズルいTwitter】少しの工夫で、ツイートネタを無限大にする方法【実例あり】

Hey guys! 

少しの工夫で、ツイートネタを無限大にしたいあなたへ。

「思考停止せずに、周りを見渡すとネタはたくさんあります。後半は、読んでもらえるツイート法をシェア。」
こちらを解説していきます。

この記事を書いたタビんちゅは、

  • フォロワーが、毎月200人以上の増加中
  • お役立ち情報を、毎日15ツイート以上発信

3分くらいで読めます。ズルいTwitterをしたい人だけどうぞ

先日このようなツイートをしました。

ツイートネタがないと思ったら、もう一度、周りを見渡してみるといいですよ。自分では当たり前のことが、他の人にとっては有益な情報になることがありますよ。
タビんちゅの場合は、外国人と話すコツや、英語を楽しく学ぶコツあたりでした

こちらを深掘りしていきます

少しの工夫で、ツイートネタを無限大にする方法

ツイートを始めた頃は、ツイートネタに困ります。ですが、少しの工夫で乗り越えられます。

影響力を持ちたいなら、毎日10ツイートは必須

毎日1ツイートでは数が少なすぎです。

フォローワーを増やし影響力を持ちたいなら、毎日10ツイートは必要だと思います。実際、フォロワー20万人以上のイケハヤさんは、毎日30ツイート以上をすすめています。

タビんちゅも、毎日30ツイート試してみたのですが、継続するには少し無理がありました。なので、タビんちゅ的には、毎日10ツイートがちょうどいいかなと思います。

当たり前ですが、毎日1ツイートと、10ツイートでは相手のタイムラインに流れるツイート量が違います。

ツイートが多ければ、見てくれる確率も増えていきますからね。

自分の当たり前を、有益な情報にする方法

ネタがないと思ったら、自分の当たり前を、もう一度見直してみてください。

自分では、当たり前だと思っていることが、他の人には当たり前ではなくて、有益な情報になることがあります。

タビんちゅにとっては当たり前の、外国人と話すときにトークネタを準備する、スマイルで話すということが、外国人と話すことに躊躇してしまう人にとっては、有益な情報になります。

下記のツイートです。

そして、もうひとつのツイートは、タビんちゅがブログ・Twitter発信の際に気をつけている、言葉遣いについてのツイートです。

これも、ブログ・Twitterを始めたばかりの人にとっては、有益な情報になりますね。

上記の2つのように、自分では当たり前にやっていることが、有益な情報になります。案外、自分が持っている有益な情報に気づいていないだけかもしれませんよ。

ブログを要約して、ツイートする

ブログを書いている人は、ブログをツイートに利用しましょう。

ブログを書いている人は、その内容を140文字に要約することでツイートができます。

感覚的には、3000文字のツイートから4ツイートは生み出せる感じです。

下記のツイートは、『【ズルい人生】人生で1度くらい、外国人とのシェアハウスもありな話』の記事を要約してツイートしました。

逆に、ツイートを深掘りしてブログを書くこともあります。

Twitterとブログは相性抜群なので、使わない手はないです。両方をうまく利用して発信していきましょう。

新しいことに、挑戦し続ける

挑戦し続けると、自然とネタが増える。

毎日10ツイートをしつつ、新しいことを始めてみると、やってみた感想や苦労したことをツイートできます。

大切なことは、行動し続けることです。

タビんちゅの場合は、最初の1ヶ月は毎日、ズルい英会話についてツイートしていました。それと同時に毎日ブログを積み上げていました。

そうすると、ブログが100記事超えたあたりからブログの運営のノウハウがたまり、そのことについてもツイートできるようになりました。

もう少し簡単にできるところでいうと、

ニュース記事にコメントをしてリツイートや、YouTubeや読書をして学んだことをツイートしたりもできます。

工夫次第で無限にツイートネタはでてきます。大切なことは行動し続けることですよ。

後半は、ツイートの内容についてのテクニックを紹介します。

読んでもらえる、ツイートの仕方

読んでもらえるツイートには法則があります。下記です。

  • 何者かを、さりげなくアピール
  • ペルソナは、3年前の自分
  • 読まれやすい時間帯を意識する

何者かを、さりげなくアピール

140文字の中に何者かを、さりげなく入れることは大切です。

下記のツイートだと、毎日15ツイートしていることをアピールしています。そのアピールのおかげで、ツイートに少し信頼度がでてきます。

そして下記のツイートだと、オンライン英会話を2500時間やっていることをアピールしています。

具体的な数字があると、どんな人がツイートしているのかわかりやすいです。

この場合は、オンライン英会話をめちゃくちゃやっている人のツイートという感じですね。

140文字の中に何者かを、さりげなくアピールすることでツイートの信頼度が増し、フォロワー増加にもつながります。

ペルソナは、3年前の自分

ツイートで意識するのは、ペルソナ(具体的な人物をイメージ)です。

日本全国の人にウケけるツイートではなく、具体的な人物をイメージして、その人だけに刺さるツイートをします。

少しマーケティングの要素が入りますが、万人にウケるツイートだと陳腐化して、フォロワーを伸ばすのは難しいです。

やるならロングテール(少人数に刺さるもの)をツイートしたほうがいいですよ。

例えばペルソナは

  • 30代で仕事をしながら子育てをしているお母さん
  • ブラック企業で日々辛い思いをしている40代の男性
  • 英会話をしたいのにTOEICの勉強している大学生

などです。

ペルソナが決まればその人に向けてお役立ち情報を、ひたすらツイートするだけです。

「英会話をしたいのにTOEICの勉強している大学生」とは数年前のタビんちゅです。実は、タビんちゅは数年前の自分に向けてツイートしています。

いちばん簡単なペルソナは、数年前の自分です。あなたが数年前に欲しかった情報を欲している人は必ずいますからね。

読まれやすい時間帯を意識する

読んでもらうためには、ツイートの時間帯は大切です

ツイートはタイムラインで流れるので、読まれやすい時間帯にツイートすると効果があります。

  • 平日:朝7~9時  昼12~13時 夜19~24時
  • 休日:朝10~13時 夜20~24時

だいたい上記の通りです。出勤中、ランチタイム、帰宅後の時間はツイートが見られやすいです。

そして、ツイートがどれだけ見られたのかの分析も大切です。

Twitterアナリティクスは必須のアイテムです。まだの導入していない人は「Twitterアナリティクス」で検索してみてください。

思考停止はだめですよ

今回は、これで終わりにします。

ツイートネタは工夫次第です。思考停止で諦めてはもったいないです。まずは、自分の当たり前を見直してみてください。

きっと、有益なツイートになる原石が転がっていますよ。

最後に、もうひとつのコツは、Twitterでフォロワー1万人以上の人のツイートを分析して、真似してみることです。

タビんちゅも、いろんなインフルエンサーのいいところを真似しています。

それでは、思考停止せずに毎日10ツイートを積み上げていきましょう。

読んでくれてありがとうございました。

よかったらTwitterのシェアをよろしくお願いします。タビんちゅの励みになります。

タビんちゅおすすめの、オンライン英会話(7日間無料です)