【短・ズルいTwitter】「いいね」をくれるフォロワーを、確実に増やす方法【実例あり】

Hey guys! 

「いいね」をくれるフォロワーを、確実に増やす方法です。

「悲報:英会話は参考書からは、習得できません。実践から学ぶと、参考書より100倍早く上達します。」
こちらを解説していきます。

この記事を書いたタビんちゅは、

  • 戦略的にTwitterを利用し、フォロワー1,000人突破
  • お役立ち情報を、毎日15ツイート以上発信
  • 毎日ブログはもすぐ200記事

要点をまとめたミニ記事です。ズルいTwitterを知りたい人だけどうぞ

先日このようなツイートをしました。

Twitterでいいねをもらいやすいツイートには、共通点があります
いいねを貰うのが、上手いインフルエンサーは、過去の自分と今の自分を比べてツイートしています
エモい、成長率、挑戦、感謝などは比較的いいねが付きやすいツイートみたいですね

こちらを深掘りしていきます。

「いいね」をくれるフォロワーを、確実に増やす方法

まずは、基礎の基礎を知る。

  • 有益なお役立ち情報をツイート
  • ターゲットを決める
  • 140文字ギリギリで、うまくツイート

上記を意識して、毎日ツイートをすると確実に「いいね」が増えます。

有益なお役立ち情報をツイート

美味しかったツイートは、絶対ダメ。

フォロワーを増やしたいなら、有益なお役立ち情報を発信し続ける

フォロワーを増やす方法は、大きく分けて下記の2つです。

  • ランチや日記のツイート(有名人・すごく面白いツイートができる人)
  • お役立ち情報のツイート(誰でもOK。自分の経験をツイートするだけ)

ランチや日記のツイートは、芸能人やインフルエンサーがやるから価値があるツイートなのです。

知らない人のランチや日記のツイートを見たいと思いませんよね。

お役立ち情報なら、知らない人のツイートでも読んでみて自分に有益だと感じたら「フォローしておこう」となります。

なので、有名人・すごく面白いツイートができる人以外は、お役立ちツイートをしたほうがオススメですよ。

ターゲットを決める

ツイートで意識するのは、ペルソナ(具体的な人物をイメージ)です。

日本全国の人にウケけるツイートではなく、具体的な人物をイメージして、その人だけに刺さるツイートをします。

少しマーケティングの要素が入りますが、万人にウケるツイートだと陳腐化して、フォロワーを伸ばすのは難しいです。

やるならロングテール(少人数に刺さるもの)をツイートしたほうがいいですよ。

例えばペルソナは

  • 30代で仕事をしながら子育てをしているお母さん
  • ブラック企業で日々辛い思いをしている40代の男性
  • 英会話をしたいのにTOEICの勉強している大学生

などです。

ペルソナが決まればその人に向けてお役立ち情報を、ひたすらツイートするだけです。

「英会話をしたいのにTOEICの勉強している大学生」とは数年前のタビんちゅです。

実は、タビんちゅは数年前の自分に向けてツイートしています。

いちばん簡単なペルソナは、数年前の自分です。あなたが数年前に欲しかった情報を欲している人は必ずいますからね。

140文字ギリギリで、うまくツイート【いいねフォロワーを増やす方法】

ツイートがうまいインフルエンサーは、過去の自分と今の自分を比べてツイートしているところです。

過去は、ダメダメでしたが、工夫して努力したら成果がでました。みたいな感じです。

例えば下記のような、

マナブさん(フォロワー11万人)、ゆっきーさん(フォロワー9,000人)、そして、それを真似したタビんちゅ(フォロワー1,000人)のツイートです。(2019年6月現在)

上記のようなツイートだと、いいねも、リツイートも多いようです。

そして、実際の数字があると信頼性が上がるので、なお良しという感じです。

悲報:最低でも100フォロワー

最後に、厳しい現実をお伝えします。

いいねを貰うためには、最低でも100フォロワーくらい欲しいです。それで、やっとツイートに1、2個「いいね」がつく感じです。

タビんちゅが「いいね」が安定して貰えるようになったのは、Twitterを初めて2ヶ月目くらいで、300フォロワーに到達した頃でした。

先は、長いように感じますが、工夫しつつ圧倒的努力をしていけばすぐに、1,000フォロワーも余裕ですよ。

それでは、タビんちゅは、これからもお役立ち情報を発信して、「いいね」を積み上げていきます。

読んでくれてありがとうございました。

よかったらTwitterのシェアをよろしくお願いします。タビんちゅの励みになります。

タビんちゅおすすめの、オンライン英会話(7日間無料です)