【3分解説】ほとんどの日本人は知らないディープなセブ島留学ブログ

Hey guys! 

独学で出来る英語勉強法を探しているあなたへ。

「英語の勉強ができない理由を探してはいけない。好きなことからやれ。毎日続けることが一番大切。」

こちらを解説していきます。

本記事の内容

  • 【セブ島留学ブログ】ストリートチルドレンのリアル
  • 【セブ島留学ブログ】フィリピンの時給
  • 【セブ島留学ブログ】LGBTオープンな国フィリピン
  • まとめ

この記事を書いたタビんちゅは、

大学生の頃からオンライン英会話を5年間やっています。

時間でいうとオンライン英会話に2000時間以上は費やしていて、フィリピンが好きすぎてセブ島留学を3回もしてしまいした 笑。フィリピン・セブ島留学を1.5ヶ月+1.5ヶ月+9ヶ月でほぼ1年です。

他にも台湾、韓国、マレーシア、アメリカ、オーストラリアで留学経験があり、大学では留学生2人とシェアハウスをしていて大学での友達はほぼ留学生でした。

なのである程度信頼できる内容だと思います。

タビんちゅブログ【1分解説】の記事を本記事「日本人は知らない生のセブ島留学ブログ」用にまとめました。

3分くらいで読めますのでサクッと読んでみてください。

【セブ島留学ブログ】ストリートチルドレンのリアル

タビんちゅがセブ島に来て一番驚いたのは、道端で裸足のこどもが寝ている光景でした。道で物乞いをしているストリートチルドレンもいます。

タクシーに乗っていると窓をコンコンして物乞いをしてくる子供たちもいます。本当に心苦しいですが、タビんちゅと現地の友達は見て見ぬ振りしかできませんでした。

ストリートチルドレンの中には悪い大人に騙されてグループでスリをする子供もいます。

また、物を売っている子供たちもいます。彼らは観光地やデパートの前でキーホルダーや飴玉、水を売っています。

実際にあったのは、タビんちゅがタクシーを待っていると、親切にタクシーをつかまえてくれた子供がいました。

タビんちゅがタクシーに乗り込むと、その子はタクシーの運転手から小銭をもらっていました。

食堂の外の席でごはんを食べてると、子供たちが近づいてきて急に歌を歌いだし、そのとき一緒にいた現地の友達がその子供たちに小銭をあげました。

こうやって彼らはその日のご飯代をなんとか得ているようです。

彼らを見ているといつも胸が痛くなります。

【セブ島留学ブログ】フィリピンの時給

フィリピン・セブ島で英語の先生がこっそり、時給を教えてくれた。先生の時給は100peso=200円だった。

マジ!?

8時間で1600円。。。日給が東京の時給と同じくらい。。。

夜の屋台、いわゆる夜市で働いている若い女の子たちの日給は8時間で380peso=800円くらいです。

これはセブ島の最低賃金らしいです。セブ島の日給は日本の時給ぐらいです。

それが理由かわかりませんが、セブ島ではスーパーの店員さんが仕事中におしゃべりしてたり、携帯見ていたり、テレビを見ていたり、客が来たら働らくという感じです。

それに、レストランなどの店員の数が日本の倍以上いて結構暇している人も見かけます。セブ島の人は仕事は気楽にやっているって感じですね。

ちなみに、フィリピン・セブ島の英語の先生たちは1食100円以下ですませています。近くの惣菜を売っているお店からおかずを1、2品買い、持参したお米を食べています。

【セブ島留学ブログ】LGBTオープンな国フィリピン

タビんちゅがフィリピン・セブ島でカルチャーショックを受けたひとつにLGBTのことがあります。

英会話スクールの先生がゲイ、レズビアン、バイセクシャルだったからです。

日本でもテレビではゲイの人や女装をしている人は見たことありましたが、実際に会ったのはフィリピンが初めてでした。

日本のテレビタレントではオネェの皆さんがいますが、おそらく見た目ではわからないようなゲイの人は、まだまだカミングアウトできないんだと思います。

最近ではカズレーサーが自分はバイセクシャルだと言っているのを見て、日本も少しずつLGBTについての理解が進んできたのかなあと感じました。

その点ではフィリピンは日本よりも進んでいる国だと思います。いろんな人がいます性別は男・女だけではないのです。フィリピンでは当たり前のことのようです。

まとめ

セブ島に行くあなたへ、タビんちゅからのちょっとした注意があります。

セブ島はフィリピンの中では治安がかなりいいと言われていますが、日本の治安の良さとくらべるとまだまだ危険なところもあります。

あぶない地域、ローカルすぎるところに行くのは避けたほうがいいです。

いろいろ書きましたが、セブの人はフレンドリーで面白いです。タビんちゅもたくさんセブの友達がいます。セブLOVEなので1年以上も滞在しているのです。

それでは、セブ島旅行を楽しんできてください。

一緒に読みたい記事

『【3分解説】知らないと後悔するセブ島旅行で意外と必要な持ち物』

よかったらTwitterのシェアをよろしくお願いします。

読んでくれてありがとうございました。