【留学3回】フィリピン・セブ島で1ヶ月留学する前に知らないといけないこと

Hey guys! 

【1ヶ月】フィリピン・セブ島留学の体験談が知りたいあなたへ。

「留学前にフィリピンについて知っておきたい。短期留学で英語力を伸ばすコツはあるの?」

こういった疑問にお答えます。

本記事の内容

  • 1ヶ月で最高のフィリピン・セブ島留学にするために知っておくべき【物価・料理・人・観光】
  • フィリピンで1ヶ月留学でどのくらい英語が上達するか【旅費についても書いてます】
  • 【1ヶ月だからこそ】フィリピン留学前にオンライン英会話で予習すべき
  • まとめ

この記事を書いたタビんちゅは、

大学生の頃からオンライン英会話を5年間やっています。
時間でいうとオンライン英会話に2000時間以上は費やしていて、フィリピンが好きすぎてセブ島留学を3回もしてしまいした 笑。フィリピン・セブ島留学を1.5ヶ月+1.5ヶ月+9ヶ月でほぼ1年です。

なのである程度信頼できる内容だと思います。

フィリピン留学前やフィリピン留学を悩んでいる人は参考になる内容だと思います。

3分くらいで読めますのでサクッと読んでみてください。

1ヶ月で最高のフィリピン・セブ島留学のするために知っておくべき【物価・料理・人・観光】

留学前に知りたいフィリピンってこんなところ【物価・料理・人・観光】

タビんちゅはフィリピン・セブ島留学を1.5ヶ月+1.5ヶ月+9ヶ月でほぼ1年しました。

なので、この記事はこれからフィリピン留学を考えている方の参考になると思います。

フィリピンってこんなところ

  • フィリピンの物価
  • フィリピンの料理
  • フィリピン人
  • フィリピン観光

フィリピン物価

物価は日本の約1/3です。

モールの中にはユニクロやH&Mもありますが日本や海外のブランドなどは日本の値段と変わりません。

タクシーは初乗り100円くらいです。感覚的には日本の1/8くらいの値段です。とにかく安いです。

もっと安い、ジプニー(簡易型バスのようなもの)バイクタクシーなどもありますが乗り方や安全面を考えると初心者にはあまりおすすめできせん。

フィリピンの料理

フィリピン料理はシンプルなものが多いです。
タビんちゅてきには地元沖縄料理と似ていて好きです。

ざっくりいうと油っぽくて、しょっぱいです。

あと、レストランなどでアイスティーを頼むとめっちゃ甘いです。
基本的に味が濃いですね。お米は日本米と比べるとパサパサです。

おすすめはガーリックライスやチャーハンです。パラパラなフィリピン米とあっていて美味しいです。

フィリピン人

フィリピンの人はおしゃべりの人がおおくてフレンドリーで楽しいです。
一緒にいるとこちらも楽しくなります。

あと、あまりまじめって感じはしません(日本人が真面目すぎというのもありますが。。。)。

デパートなどでは店員さんどうしがおしゃべりをしていたり、歌を歌いながら仕事をしていたり、最初は驚きます。

らく~に働いているって感じで、見ていてなんかいつも楽しそうです。
あと、お米を朝昼晩めちゃくちゃ食べます。お米LOVEですね。

マックやケンタッキーにも普通にライスが売っていますよ。

フィリピン観光

観光地はググればたくさん出てくると思うので、少しデープな話をすると、移動が大変です。

市街地から観光地に行くのにはセブ島だと4時間とか平気でかかります。
セブ島は電車がなく基本バスか車で観光地まで移動しないといけないからです。

しかも常に渋滞がひどいので、観光地に行くときタビんちゅたちは、渋滞を避けて朝5:00出発 – 夜9:00帰宅のスケジュールでした。

具体的ないろいろなおすすめは

  • 【観光】オスロブ+カワサン滝・スミロン島・シマラ教会
  • 【レストラン】バイキング・ジョリビー・カサベルデ・SUGBO MERCADO
  • 【モール】SMシーサイド・SMCITY・アヤラモール

です。

詳しくはこちらにまとめてあります。

『フィリピン・セブ島留学でオススメのいろいろな場所』作成中

フィリピンの1ヶ月留学でどのくらい英語が上達するか

ペラペラとはいきませんが、1ヶ月でも英語が身につきます。

ほとんどのフィリピン留学はマンツーマンレッスンです。

タビんちゅが最初に通ったスクールは毎日マンツーマンの50分レッスン×7コマでした。

正直死ぬかと思いました。

最後のレッスンが終わるといつもフラフラでした。
しかし、5日目ぐらいには慣れますよ。
そして、1ヶ月後には英語力がグンとアップしていました。
短期集中でブートキャンプのような感じですね。

【旅費】

フィリピンの物価が日本の1/3で、留学費用もアメリカ・イギリス・オーストラリアの1/3くらいですみます。
航空券も安い時で往復5万円くらいですみます。

スクール代、宿泊費(スクールのコンドミニアム)、航空券、食費、お土産代、土日はビーチや観光、授業終わりに先生たちと食事に行ったりもして結構遊んで、
こみこみで20万円いかないくらいでした。

おすすめはフィリピンの先生と仲良くなって土日に観光地やビーチに連れて行ってもらうことです。

先生たちは安くて、地元の人しか知らない穴場スッポットを知っているからです。

タビんちゅは先生にいろいろ連れて行ってもらったおかげで、
パンフレットには載っていないフィリピンを体験できました。
とても素晴らしい経験でした。

これを読んでいるあなたが大学生なら

『【必見】大学生が留学に行くならフィリピン・セブ島がおすすめ【コスパ最強】』

こちらも参考にしてみてください。

実は1ヶ月で英語力をグンと上げるにはコツがあります。
それは渡航前にある程度、英会話に慣れておくことです。

【1ヶ月だからこそ】フィリピン留学前にオンライン英会話で予習すべき

正直なところ1ヶ月はあっという間です。
その期間で効率よく英語を習得するには、渡航前にオンライン英会話で英会話に慣れておくことをおすすめします。

そうすると1ヶ月の留学でスタートダッシュができますよ。

タビんちゅのおすすめはネイティブキャンプです(タビんちゅもヘビーユーザーです)。

『【実体験】初心者がオンライン英会話するならおすすめはネイティブキャンプ』

ネイティブキャンプは今、7日間の無料体験期間中なので、まずは無料体験でもいいので受けてみてください。

意外と7日間だけでも効果が出ますよ。

よかったこちらもどうぞ。

『オンライン英会話で効果を出す期間は7日間です【歴5年で2000時間やってます】』

まとめ

1ヶ月のフィリピン留学はあっという間です。
だけど事前に準備をしておけば大丈夫です。
勉強・遊び両方とも100%でエンジョイしてください。

南国フィリピンは親日国で日本人には過ごしやすいところです。

しかし、夜や地域によっては危険なところもあります。
ぜひ気をつけて楽しいフィリピン留学にしてくださいね。

よかったらTwitterのシェアをよろしくお願いします。

英会話のノウハウをまとめた、最初の10記事を有料noteにしました。ブログのベスト盤です(10記事読む時間がない方はぜひどうぞ)。

読んでくれてありがとうございました。