【3分解説】初めての海外旅行!意外と忘れがちな【持ち物・文化・英語】

Hey guys! 

初めての海外旅行で不安なあなたへ。

「経験者だからわかる意外とわすれがちな持ち物・文化・英語を教えます。あるとないとでは、旅行の楽しさが変わる!?」

こちらを解説していきます。

本記事の内容

  • 初めての海外旅行で意外と忘れがちな持ち物
  • 初めての海外旅行で意外と知らない文化の違い
  • 初めての海外旅行で意外と必要な英会話
  • まとめ

この記事を書いたタビんちゅは、

大学生の頃からオンライン英会話を5年間やっています。

時間でいうとオンライン英会話に2000時間以上は費やしていて、フィリピンが好きすぎてセブ島留学を3回もしてしまいした 笑。フィリピン・セブ島留学を1.5ヶ月+1.5ヶ月+9ヶ月でほぼ1年です。

他にも台湾、韓国、マレーシア、アメリカ、オーストラリアで留学経験があり、大学では留学生2人とシェアハウスをしていて大学での友達はほぼ留学生でした。

なのである程度信頼できる内容だと思います。

3分くらいで読めますのでサクッと読んでみてください。

初めての海外旅行で意外と忘れがちな持ち物

記事の内容は少し東南アジア旅行よりになっています。

アメリカ・オーストラリア・台湾・韓国などは、日本と売っているものがそんなに変わらないので持っていくのを忘れても現地で大体のものは調達できます。

まずは、

初めての海外旅行【定番の持ち物】

定番の持ち物はググればすぐにでてきます。

パスポート、現金、航空券(Eチケット)、海外保険の契約書、携帯電話(スマートフォン)、カメラ、サングラス、常備薬(酔い止、鎮痛剤)、充電器、クレジットカード・デビットカード、着替え、水着、ビーチサンダル、靴、化粧品、洗面用具、日焼け止め、虫よけスプレー

などですね。

初めての海外旅行【意外と必要な持ち物】

初めての海外旅行だと何を持っていけばいいのか不安ですよね。

現地のスーパーやコンビニで間に合うものなのか、日本から持って行ったほうがいいのか。

意外と必要な持ち物リスト

  • お箸・割り箸
  • トイレットペーパー
  • 小さい懐中電灯
  • ビニール袋
  • 折り畳み傘
  • スマホ防水ケース
  • ハンドタオル

お箸・割り箸

スーパーやコンビニで夜食用にカップラーメンを買っても、お箸やフォークは貰えないことがあります。

お箸・割り箸を売っているところがほぼないので日本から持参するのをおすすめします。

ちなみに、セブ島はコンビニは普通にあります(田舎だとないです)。

セブ島のコンビニは食べ物・飲み物が中心です。

トイレットペーパー

東南アジアの公衆トイレのあるあるなのですが、トイレットペーパーが常備されていません。

自分で持っていかないといけません。

しかも日本のトイレと比べ物にならないくらい汚いです。

また、水圧が弱くて詰まるのでトイレットペーパーは流せません。

使用したトイレットペーパーは便器の近くにある小さいゴミ箱に捨ててください。

持ち運ぶ時は、トイレットペーパーの芯を抜いておくとかさばらなくて便利です。

それかトイレに流すわけではないのでポケットティッシュでも大丈夫です(ポケットティッシュでお尻を拭くのは最初は抵抗ありますが 笑 慣れます!)。

小さい懐中電灯

夜出歩くのは基本やめたほうがいいのですが、リゾート地だと街灯があまりないところもあります。

そんな時にポケットに入るくらいの小さい懐中電灯を持っていると便利ですよ。

ビニール袋

ビニール袋(レジ袋もOK)は結構万能です。

汚れた洋服や洗面用具や何かを小分けにしたい時になどに便利ですよ。

カバンのかわりにもなりますし。
かさばらないので5枚くらい持って行ってもいいと思います。

折り畳み傘

東南アジアは急な大雨(スコール)がよく降ります。

急に降って30分くらいでやんだりします。

現地の人は雨がすぐにやむので濡れても気にしないって感じの人もいます。

急に雨が降ることがあるので、できれば折り畳み傘を持ち歩いていたほうがいいです。

タビんちゅの経験上スマホの天気アプリは全然あてになりません。

スマホ防水ケース

スマホの防水ケースは現地のリゾート地でも手に入るのですが、正直言うと質が良くありません。

水中で使っていると水が入ってきます。

実際、友達の携帯は水没してしまいました。。。日本からしっかりとしたスマホ防水ケースを持っていったほうがいいですよ。

旅行中にスマホが使えなくなると萎えます。

ハンドタオル

おそらくホテルなどにはバスタオルがありますが、小さめのタオルがないところもあります。

海に行った時などハンドタオルがあれば便利です。洗って干せばいいので2枚あれば十分です。

初めての海外旅行で意外と知らない文化の違い

海外でおそらく困ること

  • 道路横断ができなくて20分
  • サービスが違いすぎ【基本スマイルない】
  • 東南アジアの国で歩きスマホはダメ
  • 宗教によっては豚・牛・お酒禁止

道路横断ができなくて20分

アジアは基本車社会です。その割には交通ルールが厳しくありません。

横断歩道を見つけるのは大変です。

というより、ほぼ無いと思っていいです(韓国・台湾は横断歩道もあり日本に近い雰囲気です)。

よっぽど都心で観光客が多いところならありますが。。。

初めてマレーシアを訪れた時、タビんちゅは20分間くらい道を横断できませんでした。これは慣れが必要です。

最初は現地の人の後ろについて行って渡るのがいいかもしれません。

ただ、今でもアジアで道路を横断するときは恐いです 笑。

気をつけてくださいね。

サービスが違いすぎ【基本スマイルない】

結論からいうと、日本の食堂・コンビニはサービスが他の国と比べ物にならないくらい素晴らしいです(台湾、韓国、フィリピン、マレーシア、アメリカ、オーストラリア留学の経験を元に書いています)。

海外のレストラン、とくにフィリピン、マレーシアの食堂では笑顔での接客がないところも多いです。

最初は店員さんが怒っているのかと思ったくらいです。

これは日本にいると気付きませんが、店員のがテーブルまで全然来てくれなかったり、店員同士でおしゃべりをしていたり、歌を歌っていたり 笑。

タビんちゅてきには、日本みたいに真面目すぎずにリラックスしていて、いなって思ったりしますけどね。

ただ、最初は驚きました。ぷちカルチャーショックですね。

東南アジアの国で歩きスマホはダメ

東南アジアの国で歩きスマホをしている日本人がたまにいますが、

気をつけてください。盗まれますよ。

スマホは東南アジアの国では高値で売れるようです。

平均月収が4万円の国の人からするとスマホは結構な高級品なのです。

留学中タビんちゅの周りにも被害を受けた友達がいました。

その国の観光地に行き、気づくとリュックの中から財布だけなくなっていたり、歩いていて近づいてきた子供たちとかわいいなーってしゃべっているとポケットから財布がなくなっていたり。。。

治安が悪い場所を歩く時は、リュックを前にして歩くのがいいよと、現地の友達に教えられたこともありました。

日本ではありえないことが結構起こります。

海外では日本の常識は通用しないのです。

宗教によっては豚・牛・お酒禁止

タビんちゅは留学生の友達にムスリム(イスラム教徒)の方がいたので知ってたのですが、ほとんどの日本人は知らないことだと思います。

ムスリムの方については『日本人はムスリムのことを知らなすぎる。』の記事にまとめました(1分解説)。

記事内容は食事・服装・礼拝についてです。

この知識がないと現地の方にかなり失礼なことをしてしまうかもしれませんよ。

初めての海外旅行で意外と必要な英会話

タビんちゅ自身の経験もふまえて、海外で英語ができないと困るかもの例を上げますね。

例えば

  • まず入国審査で英語
  • タクシーでの英語
  • ホテルでの英語
  • レストラン・市場での英語

などです。

あげるとキリがないのですが。。。

詳しくはこちらを読んでみてください。

『ゴールデンウィーク前に軽~くネイティブキャンプのオンライン英会話【7日間無料体験あります】』

結論だけ言うと

英語初心者の人は海外旅行前に最低限の英語に慣れておくほうかいいです。

7日間がんばって英会話しましょう。

すると、自分の英会話力に自信がつき、より楽しい海外旅行が楽しめますよ。

まとめ

初めての海外旅行は不安とワクワク両方があると思います。タビんちゅもそうでした。

海外旅行をするときは日本とは違う国だということを頭の片隅にいれておいてください。

とはいえ、適切な情報をもち、準備をしておけば大丈夫です。

いろいろ書きましたが、海外旅行は新しい経験ができ日本では体験できないこともたくさんあります。

少し気をつければ海外旅行はたのしいですよ。ちょっとしたトラブルは楽しんでください。

あと、トイレットペーパーは忘れないでくださいね 笑。

それでは、楽しい海外旅行を~。

よかったらTwitterのシェアをよろしくお願いします。

読んでくれてありがとうございました。

1 COMMENT

現在コメントは受け付けておりません。