【ズルい英会話】カタコト英語で外国人と話すのは、恐くて当然です【解決法あり】

Hey guys! 

カタコト英語で外国人と話すが、恐いあなたへ。
「タビんちゅはカタコト英語から、英会話をマスターするためにいろんな方法を試しました。効率的に学べる方法をシェアします。」
こちらを解説していきます。

この記事を書いたタビんちゅは、

  • 高校の頃は英語赤点ギリギリの英語力→ズルい英会話マスター
  • 大学生の頃からオンライン英会話を5年(2500時間以上)
  • 台湾、韓国、マレーシア、アメリカ、オーストラリアで留学経験

3分くらいで読めます。ズルく英会話を習得したい人だけどうぞ

先日このようなツイートをしました。

TOEICや受験英語の難しい英単語・文法の勉強のしすぎで英語は難しいと刷り込まれています。本当の英会話はシンプルで簡単です。基本的には中学で習った英文法で英会話できますよ。タビんちゅは留学生と話していて、このことを実感しました。カタコト英語でも案外なんとかなりますよ

こちらを深掘りしていきます。

カタコト英語で外国人と話すのは、恐くて当然です

カタコト英語しか話せないなら、外国人と話すのは躊躇して当然です。

大学入学時のタビんちゅ:カタコト英語からのスタート

今では英会話できますが、初めはカタコト英語からのスタートでした。

大学でやりたいことの1つに「英語を話せるようになる」がありました。理系の大学で英語が専門というわけではなかったのですが、留学生がたくさんいました。

カタコトの英語しか話せなかったので、初めは留学生と話すのを躊躇していました。

  • 急に話しかけたら変だよな?
  • 何を話せばいいのだろう?
  • そもそも自分の英語は通じるのか?

自分の英語に自信がないのでネガティブなことばかり考えていました。

カタコト英語で英語力に自信がないと、最初は外国人と話すのは恐くて当然です。 

英会話ができるかも、と感じたキッカケ

カタコト英語でも、案外通じますよ。

留学生と接点を持ちたかったので、留学生と交流できるイベントはすべて参加するようにしました。大学生活も3ヶ月目くらいの、その頃には少しずつ留学生と話すようになりました。

あいかわらずカタコト英語でしたが、ジェスチャー交じりだと案外言いたいことが伝わります。

しかも留学生が話している英語は、大学受験やTOEICのような難しいものではなく、シンプルな英語ばかりでした。

もしかしたらみなさんも、勘違いしているかもしれません。

日常英会話(中学レベルでシンプル)< TOEIC・受験英語(複雑で難しい)

高校生までは外国人と話す機会がほぼなかったので、知らなかったのですが英語は思っているよりシンプルで簡単なのです。簡単だから世界の公用語が英語なんだと思います。

英会話力をつけるためにいろいろためす

英会話をマスターしたかったのでとりあえず、できることはすべて試しました。

  • TOEICの勉強をする
  • 大学の単位には入らない英語選抜の授業を受講する
  • 大学の英語の先生のおすすめ参考書をやる
  • 英語で毎日日記を書く
  • 留学生のイベントにすべて参加
  • 留学生と毎日英語で話す
  • 大学の短期留学プログラムに参加
  • オンライン英会話をする

上記の感じでいろいろ試しました。とにかくがむしゃらにやっていた気がします。今思えば、やらなくていい勉強もやっていました(その頃は何がいいのかわからなかったので)。

最終的に落ち着いたのはオンライン英会話でした。英会話を最速で習得したいなら、英語の基礎を身につけて、あとは外国人と話まくればいいのです。下記で詳しく解説していきます。

英会話を習得するために、やるべきこと

いろいろな失敗をしたタビんちゅが、またカタコト英語からスタートするならこの方法でやります。※英会話習得がゴールです。

上記のツイートを解説していきます

  • その1:具体的な目標設定
  • その2:逆算してスケジュールをつくる
  • その3:英単語・文法は中学レベルでOK
  • その4:オンライン英会話で話しまくる

具体的な目標設定

まずは、英語の勉強を始める前に目標をできるだけ具体的にしてください。これはモチベーション維持に必要だからです。

目標が具体的ではないと怠け出して、勉強をサボるようになり、勉強をやめてしまいます。

  • 外国人交流イベントで外国人の友達を作りたい
  • 知り合いの外国人の女の子と英語で話しがしたい
  • イケメン外国人の同僚と英語で会話したい
  • 海外旅行で現地の人と英語で話しがしたい

など具体的な目標は、なんでもいいです。

タビんちゅの目標は、留学生と英語で会話をしたいでした。

逆算してスケジュールをつくる

英語を話せるようになるまでどのくらいの時間が必要かを知っておかなければなりません。

語学力の世界基準CEFRによると

B1:中級

  • 仕事や学校、レジャーなど慣れ親しんだ環境の話題であれば、主な内容は理解することができる。
  • その言語が使われている国に旅行をして起き得る事態にほぼ対応できる。
  • 自身が興味のある話題について、複数の文を組み合わせた文章を作ることができる。
  • 経験したことや出来事、夢、希望、野望について描写することができ、簡単に意見を述べたり、説明したり、計画を話すことができる。
  • このレベルになるには2760時間かかるらしいです。

日本人は小中高の英語の授業で1000時間は勉強しているので、残り1760時間です。

計算すると毎日1時間で4.8年。毎日2時間で2.4年です。

このことから逆算して勉強をスタートさせなくてはいけません。

ゴールを設定せずに英語の勉強を始めてしまうと、英語が話せるようになるということが果てしなく遠く感じ、学ぶことをやめてしまいますので。

英単語・文法は中学レベルでOK

日常英会話はシンプルな英語で成り立っています。

英会話をするのに必要な英単語・文法はシンプルなものだけ覚えればいいです。

まずはWouldやCouldなんて覚えなくても大丈夫です。日常会話ではあまり使いません。それよりもSV・SVC・SVOで英会話をする練習をしたほうがいいですよ。

難しい英単語・文法は外国人との英会話をとおして、必要だなと感じたら覚えればいいんです。実際に英会話しながら学んだほうが効率がいいですよ。

オンライン英会話で話しまくる

英語の基礎を学んだら、あとは「話して、話して、話しまくる」ことです。

実際に外国人が使っている英語を聞いて、リアルで使える英語を学ぶことができます。

机の上の勉強だけだとインプットしかできないので英語は上達しません。英語は外国人と話しながらアウトプットで学んでいくと上達も早いです。

タビんちゅのおすすめはオンライン英会話です。オンライン英会話なら毎日外国人の先生といつでも、どこでもスマホからでも英会話ができます。正直、英会話をマスターしたい人にとっては神ツールだと思います。

タビんちゅはオンライン英会話で100人の先生と話しまくりました。そのおかげで英会話のレベルがグンと上がりました。

詳しくはこちらの記事を読んでみてください

『【3分解説】オンライン英会話で100人の先生と話すと世界が変わる【実体験】』

順番よく学べば英語は簡単です

それでは、今回はこれくらいにしたいと思います。

カタコト英語で外国人と話すのは、恐くて当然です。しかし上記のように順番よく学んでいけば、自信がつき英会話ができるようになります。

外国人に話しかけるのは少し勇気がいります。でも、大丈夫です。恐いのは最初の3回くらいだけです。慣れますよ。

記事の最後にタビんちゅもヘビーユーザーの、ネイティブキャンプのまとめ記事を紹介して終わりにします。

読んでくれてありがとうございました。

よかったらTwitterのシェアをよろしくお願いします。タビんちゅの励みになります。

タビんちゅおすすめのオンライン英会話(ネイティブキャンプ)
『【初心者必見】英会話教室よりオンライン英会話が圧倒的におすすめ【コスパが神です】』

3 COMMENTS

現在コメントは受け付けておりません。