【3分解説】英会話学習でやってはいけない行動3選【失敗当たり前】

Hey guys! 

英会話学習でやってはいけない行動をしているあなたへ。

「英会話学習のために永遠と英単語・英文法を覚えていませんか。無駄をなくしたら英会話習得は簡単ですよ。」

こちらを解説していきます。

本記事の内容

  • 英会話学習でやってはいけない行動3選
  • 英会話ができるようになるには、挑戦必須です
  • おまけ(だけど重要):周りに外国人がいなかったらオンライン英会話1択

この記事を書いたタビんちゅは、

高校の頃は英語赤点ギリギリの英語力→英会話マスター

大学生の頃からオンライン英会話を5年(2500時間以上)
セブ島留学を1.5ヶ月+1.5ヶ月+9ヶ月=1年
台湾、韓国、マレーシア、アメリカ、オーストラリアで留学経験
大学では留学生2人とシェアハウス
大学での友達は9割留学生でした。

今では海外で英語で困ることはなくりましたが、英会話の勉強で結構な無駄なこともしました。これを読んでくれる人が同じ無駄をしないように伝えたいことを書きました。

3分くらいで読めますのでサクッと読んでみてください。

英会話学習でやってはいけない行動3選

思い返してみるとタビんちゅの英会話の学習は無駄なことばかりでした

  • 英単語を永遠に覚えまくる
  • 難しい文法を完璧にする
  • いつまでも外国人に話しかけない

これらを解説していきます。

英単語を永遠に覚えまくる

英単語を永遠に覚えるのはきけんです。

難しい英単語を覚えても使う場面がほとんどないからです。学校の単語テストでは役に立ちますが、日常英会話では役に立ちません。まず覚える単語は日常でよく使われている単語からがいいです。

では、どのように英単語を覚えていくかですが

まず、「英単語ターゲット1200」で高校レベルまでの英単語を覚える→そして、外国人との会話をとおして英単語を覚える

基本的には上記の方法で十分です。まず基礎となる英単語を参考書で覚えたら、あとは実践で覚えていきます。外国人との会話の中で、わからない単語があっても、スマホで簡単に調べられるので大丈夫です。

英単語ターゲット1200 (大学JUKEN新書)

中学レベルの単語200、高校レベルの単語1200、熟語300の計1700見出し語を収録。単語はまずは、これで十分です。

あとは、実際に外国人との英会話から学びましょう。

難しい文法を完璧にする

難しい文法を完璧にしようとするのもきけんです

英単語と同じで難しい表現は日常ではほとんど使われることがないからです。文法の参考書で勉強するなら、最初は「過去完了形や受動態」という表現があるんだ。くらいでサックと終わらせて大丈夫です。そして、日常会話で使われたときにあらためて勉強をすればいいです。

タビんちゅの経験上、「SV・SVC・SVO」この3文型ができれば会話は全然なりたちます。日本にいる外国人の変な日本語が通じるのと同じですね。

いつまでも外国人に話しかけない

英語できなくても外国人に話しかけていいです

日本人の多くは完璧に勉強しないと英会話できないと思い込んでいます。自分の英語が通じるか心配なんだと思います。

しかし心配していても何もわかりません。実際に話してみて伝わらないなら、その悔しさが英語の勉強のモチベーションになることもあります。

  • 外国人に話しかけない人(得るものがなく何も変わらない)
  • 勇気を出して話しかける人(成功すれば自信がつく。失敗しても失敗から学べる)

間違って当たり前です。失敗して当たり前です。外国人と話すとき最初っから言いたいことを100%伝えるのは無理です。

話の核だけ伝わればいいと思いながら話してください。失敗する前提で話していると気が楽です。それに知っている英単語を並べて会話するだけでも案外伝わるもんですよ(タビんちゅも最初は知ってる英単語を並べて会話していました)。

英会話ができるようになるには、挑戦必須です

外国人に話しかけるのは勇気がいるけど挑戦は必須です

1万回失敗したら英会話できるようになる

タビんちゅが挫折せずに英会話ができるようになった理由は、失敗してもあきらめずに挑戦し続けたからです。留学生に話しかけて伝わらなくても何回も挑戦しました。

1万回以上は伝わらなかったり、言いたいことが言えなかったりしたと思います。しかし、タビんちゅは失敗からたくさんのことを学べるのを知っていました。

タビんちゅは実践で失敗しつつ学んでいきました

勇気を出して留学生に話しかける→伝わらない、悔しい→伝わらなかったところを勉強する→伝わる

失敗→勉強→失敗→勉強の繰り返しでした。

「失敗よりもダメなのは、失敗を恐れて何も行動しないこと」です。大丈夫です100回も失敗すれば、いやでも失敗することに慣れます。そしてその失敗は自分の経験値となり、レベルUPに繋がります。

失敗から学んだら英語がシンプルになる

失敗から学んだことは、英語は Simple is best だということ

英語初心者は英語を難しく表現しようとしがちですが、シンプルな英語ほど伝わりやすいです。実際に外国人と話すことが増えると無駄な表現がなくなり、よりシンプルな表現になっていきます。

例えば、外国人との会話から学ぶことができます。

外国人と会話する→外国人がシンプルな表現をする→こんなシンプルな表現でいいんだと知る→自分でもそのシンプルな表現を使ってみる

この繰り返しで自分の英語表現が実践的でシンプルになっていきます。日常会話は意外とシンプルな表現ばかりです。そしてシンプルだからこそ自信を持って会話できるし、相手にもスムーズに伝わります。

結論:失敗して当たり前精神は最強です

英会話を習得するための一番の成功法は、外国人と話しまくることです。外国人と英会話すると100%失敗します。

しかし外国語なので失敗は当たり前です。英語がペラペラな人も最初は失敗→勉強→失敗→勉強を何回も繰り返しています。

失敗すると最初は少しだけ落ち込むかもですが「失敗して当たり前精神」で次の行動に移りましょう。立ち止まっている時間がもったいないですよ。

おまけ(だけど重要):周りに外国人がいなかったらオンライン英会話1択

もし周りに外国人がいないならオンライン英会話がおすすめです。今は技術の進歩で、留学せずにいつでもどこでも外国人と英会話できるようになりました。控えめにいって神ツールです。

オンライン英会話のメリット

時間・場所にしばられない。
マンツーマンレッスン。
先生を選び放題。
1レッスン25分なので隙間時間でレッスン可能。
いろんな国の先生とレッスンできる。
スマホでもレッスンができる。
コスパが圧倒的にいい。

興味がある方はぜひ、こちらも読んでみてください

『【初心者必見】英会話教室よりオンライン英会話が圧倒的におすすめ【コスパが神です】』

読んでくれてありがとうございました。
よかったらTwitterのシェアをよろしくお願いします。タビんちゅの励みになります。