【3分解説】将来が不安なら挑戦し続けたらいい話【英会話で人生変わる】

Hey guys! 

将来が不安だけど挑戦ができないあなたへ。

「挑戦すると今と違う景色が広がります。失敗を恐れて挑戦しないと人生損しますよ。」

こちらを解説していきます。

本記事の内容

  • 挑戦しつづけると人生変わる【英会話で人生変わる】
  • 面白そうならとりあえず挑戦する人生【英会話で人生変わる】
  • まとめ

この記事を書いたタビんちゅは、

大学生の頃からオンライン英会話を5年
オンライン英会話に2500時間以上
セブ島留学を1.5ヶ月+1.5ヶ月+9ヶ月でほぼ1年
台湾、韓国、マレーシア、アメリカ、オーストラリアで留学経験
大学では留学生2人とシェアハウス
大学での友達は9割留学生でした。

挑戦しつづけると人生が変わります。タビんちゅの経験を交えつつ解説していきます。

3分くらいで読めますのでサクッと読んでみてください。

挑戦しつづけると人生変わる

今の人生を変えたいなら挑戦しつづけることです。

人生のもやもやから抜け出したかった

タビんちゅは大学に入学後何かしたい。何かしなきゃと思いつつただ時間を過ごしていました。

人生に漠然と不安がありました

  • 大学生のうちに何かしないとという不安
  • なんの武器も持たず社会人になる不安
  • このままの延長戦の人生は楽しいのかという不安

大学生は自由な時間がめちゃくちゃあります。その時間を自分に投資したら何か変わると思ったのです。

不安だけど、とりあえず挑戦してみたら人生変わる

何かやらなきゃと思った時、英語は将来に約立ので留学に行こうと思いTOEICの勉強を毎朝1時間することにしました。

タビんちゅの大学は理系だったのですが、短期留学で6週間アメリカやオーストラリアに留学できる制度がありました。その留学はTOEICの点数と面接で選抜されるものでした。

TOEICの勉強をしていたことが役に立ち、見事選抜されて大学1年の冬にオーストラリアに留学することができました。その後も、大学在学中に様々な国へ、7回も留学をさせてもらいました。

この経験が人生を変えたと思っています。最初の挑戦はTOEICの勉強を毎日やるということでした。

TOEICの勉強を挑戦→留学に行ける→今後の人生の方向が変わる

そこで感じたのは英語が話せるようになると世界中に友達ができ、世界中の面白い人と関わることができる。そうすると人生楽しいんじゃないかと思ったのです。

実際、英語を話せるようになったタビんちゅは、大学在学中に世界中にたくさんの外国人の友達をつくることができました。

今計画中なのは数年後、世界中にいる彼らに会いに行くことです。考えるとワクワクします。

人生は挑戦と失敗の繰り返し

少し話を戻しますが、TOEICの点数が良かったおかげで留学に行けたことは事実ですが、TOEICの勉強で英会話ができるよになったのではありません。

タビんちゅはTOEIC高得点の人=英会話ができる人と思い込んでいました。

実際はTOEICが800点以上(上位13%)でも英会話が苦手な人は多いです。逆にTOEIC500点(日本人平均580点)でも英会話が得意な人もいます。

事実、TOEICの勉強と英会話の勉強は別物なのです。英会話ができるようになりたかったタビんちゅは、目的と手段を完全に間違えていたのです。

  • 目的:進級に昇給にTOEIC高得点が必要 手段:TOEICの勉強をする
  • 目的:英会話できるようになる 手段:実際に英会話から学ぶ

そのせいで結構な時間をロスするという失敗をしてしまいました。それから、新たな挑戦のオンライン英会話を鬼のようにやりました(鬼と書いていますが結構楽しんでやりました)。

面白そうならとりあえず挑戦する人生

直感で面白そうならとりあえずやってみるといいです。

挑戦を続けると付き合う人が変わる

面白いことに挑戦すると、そこで新たな仲間ができます。

タビんちゅの場合は

英会話をしたい→留学生に毎日話しかける→気がつくと友達の9割は留学生

大学では留学生と毎日一緒にいました。そのおかげで日本にいつつ英会話のレベルがグンと上がりました。

今の状況を変えたいなら、とりあえず面白いと思うことに飛び込むことです。挑戦しなくては何も変わりません。飛び込んでみて違うなと思ったらまた次の事に挑戦すればいいだけです。

挑戦から得られるものは多い

留学生のお陰でたくさんの貴重な経験ができました。彼らの国の文化にふれたり、互いのバックグラウンドが違いすぎて口論になったり、海外の料理を作ってくれたり、海外のダンスを教えてくれたり、日本にいながら世界中を旅している気分でした。そのきっかけになったのは「挑戦」でした。

新しいことに挑戦することが怖い時もあります。しかし、タビんちゅは不安より好奇心が勝ってしまうのです。

挑戦して失敗しても、ほとんどの場合は小さなダメージだと思っています。それに怖くて挑戦のリスクを取らず、現状維持のままつまらない人生を送り死んでいきたくないのです。

まとめ

未来を見すぎててもダメ、今に全力を注ぐべきです。

ホリエモンの有名な言葉に

『未来を恐れず、過去に執着せず、今を生きろ』

という言葉があります。

その通りだと思います。未来を考えすぎても何が起こるかわかりません。過去のことは変えられません。変えられるのは今です。

今、全力で興味があるものに挑戦してみるのが一番いいと思います。この記事を読んでやる気が出てきたあなたは、今すぐ行動に起こすべきです。行動しないと何も始まりません。

将来が不安ならあまり考えすぎず、とりあえず挑戦しつづけましょう。きっと人生が楽しくなりますよ。

読んでくれてありがとうございました。

よかったらTwitterのシェアをよろしくお願いします。

合わせて読みたい記事:『【3分解説】英語は100%挫折します。そして成功します。』