【3分解説】失敗したくないなら徹底的に真似をする【独学の英会話上達法】

Hey guys! 

独学で英会話の上達法をしりたいあなたへ。

「正しい学び方をすれば英会話はできるようになります。まずは真似をすること。」

こちらを解説していきます。

本記事の内容

  • 徹底的に真似をすることで失敗しない【独学の英会話上達法】
  • 真似をした後に、自分にあったやり方がわかる【独学の英会話上達法】
  • まとめ

この記事を書いたタビんちゅは、

大学生の頃からオンライン英会話を5年間やっています。

時間でいうとオンライン英会話に2000時間以上は費やしていて、フィリピン・セブ島留学を1.5ヶ月+1.5ヶ月+9ヶ月でほぼ1年です。

他にも台湾、韓国、マレーシア、アメリカ、オーストラリアで留学経験があり、大学では留学生2人とシェアハウスをしていて大学での友達はほぼ留学生でした。

なのである程度信頼できる内容だと思います。

3分くらいで読めますのでサクッと読んでみてください。

徹底的に真似をすることで失敗しない【独学の英会話上達法】

成功している人の真似すると無駄な時間とお金を減らせます。

真似すると最速で上達する理由

成功しているしている人のノウハウを得ることができるからです。

ビジネス界隈でTTPという言葉があります。

TTP→徹底的にパクる

ということです。ビジネスを始める際に、先行者のことを徹底的にパクったほうが失敗せず効率がいいのです。

例えば、インスタのストーリー機能です。ストーリー機能はもともとスナップチャットが作り出した機能で、その画期的なストーリー機能で成功していました。

そこで、世界的なトップ企業のFacebookがそれを真似して、今ではスナップチャットを超えてインスタの定番機能にしてしまいました。

英会話の勉強も同じで、成功している人がいるならそれを真似した方が失敗せず効率がいいのです。

独学で失敗するリスクを減らせる

成功法を真似することで失敗するリスクを減らすこともできます。

英会話を始める時、何から勉強したらいいのか迷ってしまいます。「単語からやろうか、文法を完璧にしてからか、TOEICの勉強が先か」迷ってしまします。迷ったあげく目的と手段を間違えることがあります。

実はタビんちゅは間違えました。目的は英会話ができるようになることでしたが、TOEICの勉強ばかりしていました。

今考えると当たり前ですが、目的と手段を間違っていたのです。

目的:進級に昇給にTOEIC高得点が必要 手段:TOEICの勉強をする
目的:英会話できるようになる 手段:実際に英会話から学ぶ

残念なことに、TOEICの点数があがっても英会話が話せるようにはなりませんでした。

英会話に2000時間費やしてきたタビんちゅならわかるのですが、英会話をしているひとの意見や情報を先に集めるべきでした。ググれば簡単に知ることができたのに、調べなかったせいで結構な時間を無駄にしてしまいました。

成功法を真似した方が失敗のリスクを減らし、目的と手段を間違えることもなく英会話の勉強ができます

真似することで英会話のゴールをイメージできる

成功しているひとの方法を知ることで、自分のゴールが明確になります。

成功する人はゴールから逆算して勉強を始めます。

あなたは英会話を習得するには、あと何時間勉強しなくてはいけないか知っていますか?

語学力の世界基準CEFRによると

B1:中級

  • 仕事や学校、レジャーなど慣れ親しんだ環境の話題であれば、主な内容は理解することができる。
  • その言語が使われている国に旅行をして起き得る事態にほぼ対応できる。
  • 自身が興味のある話題について、複数の文を組み合わせた文章を作ることができる
  • 経験したことや出来事、夢、希望、野望について描写することができ、簡単に意見を述べたり、説明したり、計画を話すことができる。

このレベルになるには2760時間かかるらしいです。日本人は小中高の英語の授業で1000時間は勉強しているので、残り1760時間です。計算すると毎日1時間で4.8年。毎日2時間で2.4年です。

このことから逆算して勉強をスタートさせなくてはいけません。

さすがにここまでは、自分ひとりで考えきれないと思います。成功している人のノウハウを真似することで自分のゴールを明確にすることができます。

ゴールを設定せずに英語の勉強を始めてしまうと、英語が話せるようになるということが果てしなく遠く感じ、学ぶことをやめてしまいます。

真似をした後に、自分にあったやり方がわかる【独学の英会話上達法】

結論から書くと、自分にあった英会話が見つかる

英会話の上達にはいろんなルートがある

  • 英単語を覚えることから始める人
  • 文法を学びなおす人
  • 英語で映画を見始める人
  • 実際にオンライン英会話で英会話するひと(タビんちゅおすすめ)

最初は全てをやろうとせずに、興味のあるひとつのことから始めてください。全てやろうとするとオーバーワークで途中で挫折してしまいます。

英会話を学ぶコツは楽しく、毎日コツコツやることです。学びは楽しくないと長続きできませんからね。

真似しても伸びないないときは?

ここで疑問が生まれます。「成功法を真似してみても、うまくいかないときはどうするの?」

結論からいうと、

作戦変更です。違うやり方を試してみてください。

成功法はたくさんあります。いろいろなルートがあります。自分にしっくりくる方法で英会話の勉強を続けてください。

真似してダメなら違うやり方、そして、ダメならまた次の違うやり方。この繰り返しです。

失敗を恐れないでください

ここまできて悲報ですが、どんなにいい成功法を真似しても100%失敗します。

英会話は失敗から学ぶことが多いです。ここでの失敗とは、外国人に自分の言いたいことが伝わらないことです。

タビんちゅもオンライン英会話を始めた当初は、言いたいことの半分も伝えることができませんでした。

大切なマインドは失敗して当たり前ということです。

失敗から学んでください。そして失敗しても立ち止まらないでください。常に行動することです。何度も失敗するとそこから学び、徐々に成功することが増えてきます。

その小さな成功体験を積み重ねることで、1年後、自然と英会話が話せる自分になっていることに驚くと思います(タビんちゅはそうでした)。

まとめ

終わりに一言だけ、英語ができると楽しいです。ありきたりの言い方ですが本当に世界が変わります。

外国の人と友達になったり、海外の文化に触れたり、日本人とは違う意見をきけたりしますよ。あと外国の人と付き合うことができるかもですよ。

成功法を徹底的に真似して英会話力をグングンつけていきましょう。

よかったらTwitterのシェアをよろしくお願いします。

読んでくれてありがとうございました。