【3分解説】英会話で成果を出したいなら圧倒的に「努力&楽しむ」こと【経験談】

Hey guys! 

英会話で成果を出したいと思っているあなたへ。

「英会話を続けている人は「努力&楽しむ」が自然とできています。まずは失敗してもいいから行動することです。」

こちらを解説していきます。

本記事の内容

  • 英会話で成果を出す人は「努力&楽しむ」ができる人
  • 成果を出す人は悩まず、即行動する
  • 結論:どハマりすれば自然と「努力&楽しむ」ができる

この記事を書いたタビんちゅは、

高校の頃は英語赤点ギリギリの英語力→英会話マスター
大学生の頃からオンライン英会話を5年(2500時間以上)
セブ島留学を1.5ヶ月+1.5ヶ月+9ヶ月=1年
台湾、韓国、マレーシア、アメリカ、オーストラリアで留学経験
大学では留学生2人とシェアハウス
大学での友達は9割留学生でした。

タビんちゅはオンライン英会話で自然と「努力&楽しむ」を実践していました。

3分くらいで読めますのでサクッと読んでみてください。

英会話で成果を出す人は「努力&楽しむ」ができる人

英会話をマスターした人は努力も楽しむことも両方している

大学1年で出会ったできる先輩

大学に入学して英語のできる大学院生の先輩に出会いました。その先輩は理系の大学にもかかわらず英会話できました。

先輩が英会話できるのには理由がありました。まさに「努力&楽しむ」を実践している人でした。

  • 留学生とシェアハウス(毎日英語を話せる環境に身を置く)
  • 留学生とのイベントに必ず参加する
  • わからない英語はすぐ調べる

やっててつまらないことは努力しても長続きしません。先輩が英会話ができるようになったのは、留学生と一緒にいることが楽しかったからだそうです。留学生と話がしたいから努力をし、英語の勉強をしたのです。

もしかしたら楽しんでやっていただけで、それが努力だと思っていないかもしれません。成果を出す人は自然と「努力&楽しむ」ができています。

失敗してもいいとりあえずやってみる精神

失敗を恐れて行動しないことは、大きな機会損失をしているかもしれません。

ホリエモンも失敗を恐れず行動します。

失敗したらどうするかを考えていても、意味はないし、たいしたものを持っていないあなたがゼロになることを、なぜ恐れるの?

行動すれば失敗するかもしれません。失敗してもまた行動すればいいのです、そしてまた失敗したとしても失敗からたくさんのノウハウを得ることができます。

それらが経験値となり失敗しなくなっていきます。失敗し続けることで成功法がわかってくるのです。

失敗してもいいんです。失敗してもいいからとりあえずやってみる精神は大切です。

不安だけど、面白そうならやってみる

英会話でも同じことが言えます。

今は外国人と英会話できるようになったタビんちゅですが、最初から外国人にバンバン話しかけれたわけではありません。最初は緊張しつつも話しかけました。

なぜ緊張しつつも話しかけれたかというと、マインドです。何か行動を起こす時にいつも持っているマインドがあります。

「面白そうならとりあえずやってみる」マインドです

  • 留学生に話しかけるの不安だなあ
  • でも、彼らと友達になったら面白そうだなあ
  • 失敗してもいいや、とりあえず話しかけてみよう

いつもこんな感じのマインドで行動しています。

もちろん失敗もします。それでも何も行動しないよりは全然いいです。タビんちゅは「行動しないで後悔するくらいなら行動してみる」派です。そして行動したからこそ得られるものも多いですよ。

成果を出す人は悩まず、即行動する

先に述べたように、失敗したらどうするかを考えても意味はないです。行動しないと何も始まりません。

これだと決めたら、没頭してみる(成功例)

タビんちゅは大学在学中に英会話できるようになりたくてどうしようか悩んでいました。ある日セブ島留学の情報をFacebookで見つけ行こうか迷いました。

なぜならフィリピンは行ったことがなくて、周りにもセブ島留学をしている人がいなかったからです。

気持ち的には

50(楽しそうで行きたい):50(初セブで不安)

でした。

しかし、最終的には悩んでいても時間が勿体無いと思ったので、とりあえず行動しました。留学することにしました。

正直セブ島行きの飛行機の中でも不安いっぱいでした。もしかしたら架空の学校で自分は騙されているんではないかと思ったりもしましたw。

結局のところ行ってみると5週間で英語力も激上がりし、フィリピンの先生とも友達になることができて最高の体験ができました。

行動したこそ得られた経験です。

これだと決めたら、没頭してみる(失敗例)

行動したら失敗するのは当たり前と言っておいて、成功例だけ書くのはフェアではないと思うので失敗例も書きますね。
結論からいうと、TOEICの勉強で失敗しました。

とりあえず、TOEICの勉強をしていれば英語が話せるようにもなるだろうと思い込んでいました。そして、TOEICの勉強を始めて1年間くらいたったときに気づきました。

TOEIC高得点=英会話できるではない

残念なことに、TOEIC800点以上でも英会話がほとんどできない人が結構いることを知りました。それからTOEICの勉強はやめることにしました。そしてその頃、たまたま見つけたオンライン英会話中心の勉強にチェンジしていきました。

正直、TOEICに結構な時間を費やしていたのでショックは大きかったですが、とりあえず次の行動をすることにしました。

熱しやすく、冷めやすいでいい

とりあえず面白いと思うことにハマって没頭すればいいと思います。そして飽きたり、失敗したら次の面白いことにハマればいいです。

「石の上にも三年」ということわざがありますが、正直三年もいりません。短期間で没頭してこれは違うなと思ったら、すぐに次の行動に移る。これでいいと思います。つらいことを三年も続けたら時間がもったいないです。

短い期間で「ハマって飽きて」を繰り返すと、早くに自分の本当に好きなことを見つけられますよ。

結論:どハマりすれば自然と「努力&楽しむ」ができる

タビんちゅはオンライン英会話を2500時間以上続けています。まさにどハマりしました。

他人からする2500時間はすごい努力に見えるかもしれませんが、タビんちゅはただ楽しいからハマって続けただけです。自然と圧倒的に「努力&楽しむ」ができていました。楽しく没頭できるものなら時間も忘れて続けることができます。努力もできます。

もしまだ、どハマりするものを見つけていない人は今、面白そうと思うことに没頭してみるといいですよ。

タビんちゅのように、オンライン英会話に興味がある人は
『【初心者必見】英会話教室よりオンライン英会話が圧倒的におすすめ【コスパが神です】』
こちらをおすすめして終わりにします。

読んでくれてありがとうございました。

よかったらTwitterのシェアをよろしくお願いします。タビんちゅの励みになります。