【3分解説】あなたもTOEIC800点で英会話できないひとになる【注意】

Hey guys! 

TOEICで点数を上げることが目的になっているあなたへ。

「TOEICの勉強は本当に必要ですか。TOEICに費やす時間を英会話に使うと、英語が話せるようになるかもですよ。」

こちらを解説していきます。

本記事の内容

  • TOEIC800点以上でも英会話できない人、多すぎる
  • TOEIC500点で英会話できる人
  • 最後に:英語は楽しく毎日続けるのが一番いい

この記事を書いたタビんちゅは、

大学生の頃からオンライン英会話を5年
オンライン英会話に2500時間以上
セブ島留学を1.5ヶ月+1.5ヶ月+9ヶ月でほぼ1年
台湾、韓国、マレーシア、アメリカ、オーストラリアで留学経験
大学では留学生2人とシェアハウス
大学での友達は9割留学生でした。

タビんちゅはしんどいTOEIC勉強の時間を、英会話勉強の時間にして英会話を楽しんでいます。

3分くらいで読めますのでサクッと読んでみてください。

TOEIC800点以上でも英会話できない人、多すぎる

TOEIC800点以上なのに英会話できないと悲しくなります。

TOEIC高得点に必要な時間

TOEIC高得点に必要な時間はOxford University Press(オックスフォード大学出版局)によると

<例:現状スコアが550点の場合>

  • 550点→650点(+100点):225時間
  • 550点→750点(+200点):450時間
  • 550点→850点(+300点):725時間

タビんちゅも大学1年生の間に300時間くらいかけてTOEICスコアが+130点上がったので、上記の数字のとおりでした。

しかし悲しいことに、まったく英語は話せるようになりませんでした。このときからTOEICの勉強を続けても、英会話ができるようになるイメージができなくなりました。TOEICにさらに300時間も費やしたくありませんでした。

TOEICで高得点は自己満足かも

基本情報として、TOEICの800点以上の割合は約13%です。8人に1人の計算です。日本人のTOEIC平均は600点くらいです。

いきなり結論からいうと、TOEICは自己満足だと思います。

なぜなら上位13%のひとでも英会話できないからです。フィリピン留学中にタビんちゅの周りにのも800点以上の人はいましたが、全員が英会話できるわけではありませんでした。

さすがに全然できないというわけではなく、自分の伝えたいことはなんとか伝えられる程度の英会話はできていました。

Twitterでも「TOEIC勉強していますアカウント」は多いです。その勉強がすべて無駄とはいいませんが、

TOEICの勉強を頑張っている人に、一度立ち止まった考えて欲しいのです。TOEICは何のために勉強をしているのですか?

目的と手段を間違えないでください。

  • 目的:進級に昇給にTOEIC高得点が必要 手段:TOEICの勉強をする
  • 目的:英会話できるようになる 手段:実際に英会話から学ぶ

もし、タビんちゅのように英会話が目的なら今すぐ他の勉強法にしたほうがいいですよ。

どんなにTOEICの勉強をがんばっても英会話できるようにはなりません。英会話ができるようになりたいなら外国人との英会話から学ぶのが一番です。

TOEICの落とし穴

TOEICを頑張っても英会話ができないのには理由があります。

TOEICはビジネス英語中心で、日常生活ではあまり使わない英語のばかり勉強しなくてはいけません。汎用性に欠けます。

また、スピーキングとライティングの能力を測ることもできません。だからTOEICでいい点を取ったところで外国の人と英語で会話ができるようにはならないのです。

どうしても進級や昇給にTOEICの点数が必要な人はTOEICの勉強を頑張ればいいですが、タビんちゅの目的は英会話だったので結局、勉強した時間は無駄になってしましました。

TOEIC500点で英会話できる人

TOEICが500点でも英会話できる人はいます。

英会話の勉強は楽しい

TOEIC500点の人が800点の人より英会話ができるのは少し不思議かもしれません。その理由はシンプルで彼らは友達に外国人がいたり、オンライン英会話で普段から英会話できる環境にいるからです。

タビんちゅもTOEICで600点を超えたころから英会話中心の勉強にシフトチェンジしていきました。

TOEICは大学での海外留学の選考に必要だったので、仕方なく勉強するくらいでした(理系の大学だったので600点あればある程度選考に通ることができました)。

英会話中心の勉強にすると大きな変化がありました。

TOEICの勉強(つらい・点数は上がるけどむなしい)→英会話の勉強(留学生と遊んでいたら英語で会話している自分に気づく)

もう少し具体的にすると

TOEICの勉強

  • 難しい英単語覚える
  • テクニックを使って点数だけあげる
  • 日常では使えない英語を勉強する
  • 点数が上がってもむなしい

英会話の勉強

  • 留学生と話をする
  • 留学生と遊びに行く
  • 遊んでいるときも英語で説明する
  • いろんな国の文化にふれる

タビんちゅにとっての英会話の勉強は留学生といつも一緒にいる、ただそれだけでした。正直なところ勉強している感覚はありませんでした。

ただ楽しく遊んでいただけです。すると英語が話せるようになり、いろんな国の料理や文化も知ることができたのです。

勉強法を変えるだけでこんなにも違うんです。何のためにやっているかわからない、しんどいTOEICの勉強でするよりも、楽しんで英会話できるようになって、いろんな経験をしたほうがよくないですか。

無駄な勉強がなくなる

英会話でタビんちゅがやった、勉強らしいことは「英会話でわからないところだけ勉強する」くらいです。

こんな感じです。

英会話する→伝わらなかったところを勉強する→英会話する→伝わらなかったところを勉強する

この繰り返しです。

この方法だと、無駄に、いつ使うかわからない英単語や文法を勉強せずにすみます。

英会話ができるようになりたいなら、とりあえず外国人と話してみることが大切です。そしてその英会話を通して学んでいけばいいのです。机の上でガリガリ勉強するより100倍楽しいですよ。

最後に:英語は楽しく毎日続けるのが一番いい

身近に外国人がいないよ。という人のために、おすすめのオンライン英会話を紹介しておわりにします。

タビんちゅもヘビーユーザーのネイティブキャンプです。いつでもどこでも、お気に入りの先生と英会話ができる最高なツールです。楽しみながら英会話できます。今なら7日間無料体験レッスンができますよ。

詳しく知りたい方は
『【初心者必見】英会話教室よりオンライン英会話が圧倒的におすすめ【コスパが神です】』を読んでみてください。

英語の勉強で大切なことは毎日続けることです。週3回だけ勉強していると英語習得に10年はかかってしまいますよ。たぶん。

『【3分解説】英語が伸びない原因は「ルーティン化」です【試す価値あり】』

TOEICの勉強は本当に必要な人だけすればいいと思います。それよりも英語は楽しく毎日続けるのが一番ですよ。では。

読んでくれてありがとうございました。

よかったらTwitterのシェアをよろしくお願いします。タビんちゅの励みになります。

1 COMMENT

現在コメントは受け付けておりません。