【ズルい留学】独学に限界を感じたので、5週間留学した話【安く早く学ぶ】

Hey guys! 

英語独学に限界を感じ出したあなたへ。

「やり方次第で短期留学でも、英語力を限界まで伸ばすことができます。最高の勉強法はリアル×オンラインです。」

こちらを解説していきます。

この記事を書いたタビんちゅは、

  • 高校の頃は英語赤点ギリギリの英語力→ズルい英会話マスター
  • 大学生の頃からオンライン英会話を5年(2500時間以上)
  • セブ島留学を1.5ヶ月+1.5ヶ月+9ヶ月=1年
  • 台湾、韓国、マレーシア、アメリカ、オーストラリアで留学経験
  • 大学では留学生2人とシェアハウス

タビんちゅは短期留学で、英語力を限界まで伸ばすことができました。その方法をみなさんにシェアします。ズルく英会話習得したい人だけどうぞ

3分くらいで読めますのでサクッと読んでみてください。

先日このようなツイートをしました。

英会話できるようになりたいなら、大学生のうちに短期留学をするといいかもです。夏休みの1ヶ月だけでも、やり方次第で英会話ができるようになります。フィリピン留学だとトータル20万くらいです。タビんちゅは英語以外にも異文化のディープな体験、出会いがありました

こちらを深掘りしていきます。

独学に限界を感じたので、6週間留学した話

英語の勉強でいろいろなことを試しました。

先生に勧められた勉強法は、なんか違う

英語を話せるようになりたかったタビんちゅは、大学で英語の先生に勉強法を教えてもらいました。

先生が勧めてくれたのは、文法が細かく解説されている参考書でした。「WouldやCould」「willやbe going to」の使い分けなどです。

確かに、その参考書をすべて覚えれば英文法は問題ないと思います。

ほぼネイティブレベルの文法力がつくようでしたが、はっきりいってつまらなかったです。

机の上での勉強だと、文法のテストの点が上がるだけ

タビんちゅがやりたかったのは、英会話です。どんなに参考書に書いていることを理解したとしても、英会話ができるようにはなりませんでした。

英語を綺麗に話すのには机の上の勉強も大切ですが、早く英語を話せるようになりたいなら、まずは実際に英会話しないとダメだったのです。

留学生と話すときは文法めちゃくちゃ

意外とカタコトの英語から卒業したかった。

タビんちゅが大学に入学して留学生と話し始めた頃は、知っている英単語を並べて話すだけでした。文法はめちゃくちゃで、とりあえず英単語とジェスチャーでコミュニケーションを取っていました。それでも意外と通じていました。

しかし細かい話や、長めの文章は話せませんでした。徐々に、もう少し英語を話せるようになりたいと思うようになりました。

  • 英語の発音を良くしたい
  • 長めの文章で話したい
  • 文法の勉強もしないといけない
  • 英単語力をつけたい

上記のことを短期間ですべて勉強するには、留学しかないと思いました(半分は海外に行きたい気持ちもありましたw)。

大学の夏休みは5週間くらいあって、正直暇です。なので大学の夏休みを利用してフィリピン・セブ島に留学することにしました。

短期留学でブーストできた話

セブ島留学は5週間で総額費用20万円くらい。

セブ島留学で英語漬けの日々

セブ島留学の5週間はマンツーマンレッスンの英語漬けでした。

時間割
9:00   英語レッスン1
10:00   英語レッスン2
11:00   英語レッスン3
12:00   ランチタイム
13:00   英語レッスン4
14:00   英語レッスン5
15:00   英語レッスン6
16:00   英語レッスン7
17:00   寮へ帰宅

だいたい上記の感じで5週間過ごしました。英語を1日7時間も勉強をしたことがなかったので、最初の3日間は死ぬかと思いました。。。

しかし、3日目以降はこのスケジュールにも慣れ、すごいスピードで英語を習得していきました。

留学はマンツーマンレッスンをおすすめします。グループレッスンよりレッスン密度が圧倒的に濃いです。

効率的に英語を学ぶためにしたこと

せっかく留学にきたのだから日本人と絡むのをやめました。

留学に来て日本人とばかり行動している人はもったいないです。できればフィリピンの先生を誘ってディナーをしたり、土日に観光地に一緒に行ったほうがいいです。

留学中やっていたこと

  • 休み時間の10分仲良くなった先生と英会話
  • ランチタイムも先生たちと食事しながら英会話
  • 授業終わりにディナーに誘って英会話
  • 土日に一緒にビーチに行って英会話

徹底的に日本語を話す機会を排除し、英語を話すようにしました。すべて留学中に無料でできる英会話です。

コツは先生と仲良くなることです。タビんちゅはこのズルい英会話をしたおかげで、他の日本人の2倍は英会話をしたと思います。

それにフィリピン先生と一緒にいる時間はとっても楽しかったです。

英語以外にもたくさん経験できる

まずは先生と仲良くなること。

セブ島留学は英語以外にもいろんなことを経験できます。ビーチに行ったり、有名なマゼラン教会に行ったり、現地のどローカール食堂に行ったりです。

リアルでディープな体験がしたいなら、まず先生と仲良くなることです。

タビんちゅは仲良くなった先生にいろんなところに連れて行ってもらいました。観光客がいない穴場のビーチ、安くて美味しいレストラン、現地の人だから知っているアミューズメントパークなどです。

英語以外にも、安くて、たくさんいい経験ができるのは、セブ島留学のいいところです。白い砂浜のビーチは本当に綺麗ですよ。

最後に:最高の勉強法はリアル×オンライン

上記のツイートのとおりです。

留学の後に見つけたオンライン英会話で英会話を継続。

留学は英語力をグンとあげることができます。しかし、英語は生ものです。毎日使わなければ英語力は腐っていってしまいます。

タビんちゅは大学で留学生と英語を毎日話すことで、学ぶことをキープしました。さらにオンライン英会話も始めました。

そのおかげで、留学で学んだことを無駄にすることなく、英会話をマスターすることができました。

最高の勉強法はリアル×オンラインです

普段はオンライン英会話で勉強をしつつ、長期休暇、大型連休の1週間などを利用して留学をするのもありです。現にタビんちゅは大学生の夏休みの留学の後、春休みにも、またセブ島留学に行きました。

いきなり留学が心配な人は、オンライン英会話で雰囲気を掴んでみて、留学するかどうかを決めるというのもいいと思います。

少し長くなってきたので、この辺で終わりにしようと思います。では机の上の勉強より、外国人と英会話を楽しみましょう。

よかったらTwitterのシェアをよろしくお願いします。タビんちゅの励みになります。

オンライン英会話なら7日間無料。しかもレッスン受け放題。
『【初心者必見】英会話教室よりオンライン英会話が圧倒的におすすめ【コスパが神です】』