【3分解説】 英語初心者は間違った勉強法で時間を無駄にします【新入生・新社会人必見】

Hey guys! 

英語で間違った勉強をしたくないあなたへ。

「英語ができない人はかなり損をしている。英語初心者は具体的な目標が必要。英語の勉強はあと1760時間必要。」

こちらを解説していきます。

本記事の内容

  • 英語初心者が英語を勉強する前にするべきこと
  • 英語ができないと損をする時代 【英語勉強の初心者必見】
  • 英語 × 〇〇【英語勉強の初心者必見】
  • AI翻訳が発達しても生の英語が必要【英語勉強の初心者必見】
  • 目標をできるだけ具体的にする【英語勉強初の心者必見】
  • ゴールを決める【英語勉強初の心者必見】
  • まとめ

この記事を書いたタビんちゅは、

大学生の頃からオンライン英会話を5年間やっています。

時間でいうとオンライン英会話に2000時間以上は費やしていて、フィリピンが好きすぎてセブ島留学を3回もしてしまいした 笑。フィリピン・セブ島留学を1.5ヶ月+1.5ヶ月+9ヶ月でほぼ1年です。

他にも台湾、韓国、マレーシア、アメリカ、オーストラリアで留学経験があり、大学では留学生2人とシェアハウスをしていて大学での友達はほぼ留学生でした。

なのである程度信頼できる内容だと思います。

3分くらいで読めますのでサクッと読んでみてください。

英語初心者が英語を勉強する前にするべきこと【英語勉強の初心者必見】

英語の勉強を始める前に、あなたはどうして英語を勉強したいのですか?

多くの人はなんとなく英語ができたら将来役に立ちそう、会社で必要なのでTOEICの点数を上げたい。

と言う理由かもしれません。

最初に断っておくと
TOEICの点が高い=英語が話せるではないということです。

タビんちゅもこのことを知らずに最初はTOEICの勉強ばかりし、時間をムダにしました。

もし英語の点数だけを上げたい方はこの記事は参考になりません。

この記事は、実際の英会話を意識して使える英語勉強法を書いているからです。

英語ができないと損をする時代【英語勉強の初心者必見】

英語ができないと損をする時代がきます。
いや、もう来ているかもしれません。

逆の言い方をすると英語ができれば得をするのです。
この得はあなたが考えているよりもずっと大きいものです。

例えば

海外展開を考えている会社だと英語ができる人は、
喉から手が出るほど欲しい人材です。

英語ができるとその時点で他の人と比べて有利になるのです。

レアな人材になるのです。

レアな人材になれば給料も上がります。
なぜなら他の人にはできないからです。

また、得られる情報の量が圧倒的に違います。

特にテクノロジー関係だと、どうしても最初に英語で情報が発信されます。

英語でその情報をつかむことができないと、この情報社会ではかなり遅れをとることになります。

現代社会は情報を持っているひとが得をする世界になりつつあります。

堀江さんやキングコング西野さんも言うように、情報弱者にはきびしい社会になっていきます。

英語 × 〇〇【英語勉強の初心者必見】

英語ができるだけでは得られるものは限られています。

英語ができるとある程度レアな存在なのですが、
さらにレア度を高めるためには

英語 × 〇〇です。英語を使って何ができるかが重要になってきます。

例えば、
英語 × プログラミング。英語 × ビジネス。英語 × 料理など。

英語ができれば、あなたの好きなことを世界に広げることもできます。

ターゲットが1億2000万人から70億人になるのです。

AI翻訳が発達しても生の英語が必要【英語勉強の初心者必見】

AI翻訳はすごいスピードで進化しています。

現在すでに、旅行中にスマホの英語翻訳機能を使えばで簡単な英会話はできます。

しかし多少の時間がかかってしまうのは事実です。

英会話はコミュニケーションなので、この少しの時間がストレスになってきます。

毎回会話を止めなくてはいけないからです。

この待ち時間を0にする技術はここ数年では完成はしないと思います。
何十年先はわかりませんが。

この技術の進歩を待つより、自分で話せる方がずっと可能性があります。

生の英語で外国の人と会話ができるようになったほうが楽です。

趣味の話をしたいのに感情のない翻訳機能を使っての英会話は楽しくないですからね。

目標をできるだけ具体的にする【英語勉強の初心者必見】

英語の勉強を始める前に目標をできるだけ具体的にした方がいいです。

これはモチベーション維持に必要だからです。

目標が具体的ではないと怠け出して、勉強をサボるようになり、勉強をやめてしまいます。

具体的な目標とは

  • 知り合いの外国の女の子と英語で話しがしたい
  • イケメンの外国人上司を英語のジョークで笑わせたい
  • 海外旅行で現地の人と英語で話がしたい

などなんでもいいです。

ゴールを決める【英語勉強の初心者必見】

英語を話せるようになるまで、
どのくらいの時間が必要かを知っておかなければなりません。

語学力の世界基準CEFRによると

B1:中級

  • 仕事や学校、レジャーなど慣れ親しんだ環境の話題であれば、主な内容は理解することができる。
  • その言語が使われている国に旅行をして起き得る事態にほぼ対応できる。
  • 自身が興味のある話題について、複数の文を組み合わせた文章を作ることができる
  • 経験したことや出来事、夢、希望、野望について描写することができ、簡単に意見を述べたり、説明したり、計画を話すことができる。

このレベルになるには2760時間かかるらしいです。

日本人は小中高の英語の授業で1000時間は勉強しているので、
残り1760時間です。

計算すると毎日1時間で4.8年。毎日2時間で2.4年です。

このことから逆算して勉強をスタートさせなくてはいけません。

まとめ

正直なところ毎日英語の勉強を続けることは結構しんどいです。

毎日続けるには楽しくなくてはなりません。

タビんちゅは、英語の勉強を毎日楽しく続けるには、
オンライン英会話が一番だと思っています。

理由は、
いつでもどこでもレッスン可能。
実際に英会話しながら学ぶことができて、ムダなく英会話が上達できるからです。

そこで、どうやれば毎日モチベーションを維持できるかを、試行錯誤のすえ見つけだしました。よかったらこちらも読んでみてください。

英会話ができると楽しいです。ありきたりの言い方ですが本当に世界が変わります。

外国の人と友達になったり、海外の文化に触れたり、日本人とは違う意見をきけたり、外国の人と付き合うことができたりです。

よかったらTwitterのシェアをよろしくお願いします。

読んでくれてありがとうございました。