【3分解説】英語が伸びない原因は「ルーティン化」です【試す価値あり】

Hey guys! 

英語は「ルーティン化」すること伸びることを知らないあなたへ。

「英語を習得するコツは楽しく毎日継続です。長続きのコツは「ルーティン化」です。」

こちらを解説していきます。

本記事の内容

  • 英語が伸びない人の原因は「ルーティン化」してない
  • 英語が伸びない人のNGな行動3選
  • 最後に:英語は伸びない時期があることを知っておく

この記事を書いたタビんちゅは、

大学生の頃からオンライン英会話を5年
オンライン英会話に2500時間以上
セブ島留学を1.5ヶ月+1.5ヶ月+9ヶ月でほぼ1年
台湾、韓国、マレーシア、アメリカ、オーストラリアで留学経験
大学では留学生2人とシェアハウス
大学での友達は9割留学生でした。

英語の勉強が続かなくて3日に1回はサボっていました。しかしルーティン化をしたことで毎日続けることができました。その方法を経験談も交えつつ解説していきます。

3分くらいで読めますのでサクッと読んでみてください。

英語が伸びない人の原因は「ルーティン化」してない

まず、英語が伸びないと悩む人に知っておいて欲しいことがあります。英語は毎日やらないと伸びないということです。

昔のタビんちゅは3日に1回はサボっていました。すると勉強を再開したとき毎回、前に何をやったのか思い出す作業をしなくてはいけません。

その分、時間のロスになってしまいます。しかし、毎日継続して英語の勉強をするとそのロスの時間がなくなり、効率よく勉強ができ英語習得までの期間が早くなります。

そこで、毎日続けるたにの「ルーティン化」が必要になってきます。

「ルーティン化」で知っておきたいこと

タビんちゅは毎日英語を勉強すると決めてから、朝勉強をしたり、昼やったり、夜帰ってきてからやったりと、いつも違う時間に勉強していました。

その方法でもある程度は続いたのですが長続きはしませんでした。理由は夜疲れて帰ってくると今日はもうやらなくていいかと思ってサボってしまうのです。

これではダメだと思い、「毎朝勉強スタイル」に変えました。これがタビんちゅの「ルーティン化」になりました。イチローが毎朝ルーティーンでトレーニングを続けていることを知りタビんちゅも真似をしました。

  • 毎日違う時間で英語勉強(疲れた、忙しい時はリズムが崩れる)→サボってしまう
  • 毎朝決まった時間で英語勉強(朝のエネルギー満タンのうちにできる)→毎日継続できる

朝はエネルギー満タンで、邪魔するものも少なくて集中して勉強ができます。今でいう「朝活」ですね。

人によっては必ず朝がいいというわけではないので、いろいろ試してみて自分なりに一番長続きする時間帯を見つけてみてください。重要なのは毎日同じことをする「ルーティン化」するということです。

具体例:英語が伸びる「ルーティン化」

「ルーティン化」は勉強法にも使えます。より具体的な例を出していきます。

予習復習のルーティン化

予習→授業→復習

このルーティンのいいところは同じことを3回学習できることです。何かを覚えるためには繰り返しが大切です。

独学の場合のルーティン化

勉強の最初に前日の復習をサクッとやる→それから新しい単元をやる

この方法も記憶の定着には必要です。さらに前日の復習をすることで新しい単元に入る前に、脳の準備運動にもなります。

タビんちゅがオンライン英会話で効率よく成果を出すためのルーティン化

英語を勉強する(英単語・発音・文法など)→英会話で相手に伝わらなかったところがある→伝わらなかった英語表現を勉強する(英単語・発音・文法など)→英会話が伝わるようになる

伝わらなかったところだけ勉強をすればいいので、余計な勉強をせずにすみます。

英語が伸びない人のNGな行動3選

  1. 目標が具体的でない
  2. ゴールを決めていない
  3. ダラダラ見ている動画・しているアプリで時間を無駄にしている

これらのNGな行動3つの解決法を解説していきます

①目標が具体的でない

英語が伸びない人の特徴ので、漠然と英語ができるよになりたいと思っている人がいます。

まずは、英語の勉強を始める前に目標をできるだけ具体的にしてください。これはモチベーション維持に必要だからです。目標が具体的ではないと怠け出して、勉強をサボるようになり、勉強をやめてしまいます。

具体的な目標とは

  • 知り合いの外国の女の子と英語で話しがしたい
  • イケメンの外国人上司を英語のジョークで笑わせたい
  • 海外旅行で現地の人と英語で話がしたい

などなんでもいいです。

②ゴールを決めていない

英語を話せるようになるまでどのくらいの時間が必要かを知っておかなければなりません。

語学力の世界基準CEFRによると

B1:中級

  • 仕事や学校、レジャーなど慣れ親しんだ環境の話題であれば、主な内容は理解することができる。
  • その言語が使われている国に旅行をして起き得る事態にほぼ対応できる。
  • 自身が興味のある話題について、複数の文を組み合わせた文章を作ることができる
  • 経験したことや出来事、夢、希望、野望について描写することができ、簡単に意見を述べたり、説明したり、計画を話すことができる。

このレベルになるには2760時間かかるらしいです。日本人は小中高の英語の授業で1000時間は勉強しているので、残り1760時間です。

計算すると毎日1時間で4.8年。毎日2時間で2.4年です。

このことから逆算して勉強をスタートさせなくてはいけません。

ゴールを設定せずに英語の勉強を始めてしまうと、英語が話せるようになるということが果てしなく遠く感じ、学ぶことをやめてしまいます。

③ダラダラ見ている動画・しているアプリで時間を無駄にしている

仕事終わりや、学校から帰ってダラダラと動画を見ていませんか?

その動画を見る時間を少しでも英語系の動画に変えてみてください。YoutubeでもNetflixでもいいです。最近はかなり面白い海外の映画やドラマが多いです。

また、電車の中でゲームをして時間を潰すのをやめて、英語の勉強をしてみて下さい。毎日の生活の中で、隙間時間を合計すると馬鹿にできない時間量になります。

タビんちゅはのおすすめは

  • バイリンガール英会話(Youtube)
  • Hapa英会話(Podcast)
  • ネイティブキャンプ(オンライン英会話)

です。

詳しくはこちらをご覧ください。

『【ほぼ無料】おすすめの英語勉強ツール【毎日続けるコツあり】』

最後に:英語は伸びない時期があることを知っておく

英語の勉強を始めてすぐに成果はでません。必ずつらい時期があります。

英単語・文法覚える(つらい)→英語を使って文章をつくる・英会話をする(楽しい)

基本的に英単語・文法覚えるインプット期間はつらく、英語が伸びている気がしません。なのでインプット期間をできるだけ短くして英語を使って文章をつくる・英会話をするアウトプット期間を多くしてください。

正直なところアウトプットから学ぶ方が多いです。

インプット・アウトプットの勉強法を知りたい方はこちらを読んでみてください。

『【3分解説】失敗しない!英語勉強の仕方を知らないと損をする』

英語を毎日継続する1番のコツは、楽しく続けることです。楽しくないと続きませんからね。それでは、自分に合う「ルーティン化」を見つけて楽しく英語の勉強を継続していきましょう。

読んでくれてありがとうございました。

よかったらTwitterのシェアをよろしくお願いします。タビんちゅの励みになります。

1 COMMENT

現在コメントは受け付けておりません。