【3分解説】英会話したいなら小利口よりバカになるべき【バカは挑戦する】

Hey guys! 

小利口で失敗のことを考えて挑戦できないあなたへ。

「バカになると英会話が上達しますよ。考えすぎても無駄です失敗を恐れず行動しましょう。」

こちらを解説していきます。

本記事の内容

  • 英会話したいなら小利口よりバカのほうがいい
  • バカであると同時にやるべきこと
  • 最後に:小利口な人もバカになることができる

この記事を書いたタビんちゅは、

高校の頃は英語赤点ギリギリの英語力→英会話マスター
大学生の頃からオンライン英会話を5年(2500時間以上)
セブ島留学を1.5ヶ月+1.5ヶ月+9ヶ月=1年
台湾、韓国、マレーシア、アメリカ、オーストラリアで留学経験
大学では留学生2人とシェアハウス
大学での友達は9割留学生でした。

小利口で英会話できずに機会損失していたタビんちゅは、バカになることで英会話を楽しんでいます。

3分くらいで読めますのでサクッと読んでみてください。

英会話したいなら小利口よりバカのほうがいい

英会話が上達するのは考えすぎて行動できない小利口より、あまり考えず行動するバカです

小利口は行動するまえに考えすぎる

小利口は英会話するまえに考えすぎています。そして失敗を恐れて行動できなくなります。

小利口マインド

  • 失敗しないように英単語をたくさん覚えよう
  • 文法も完璧にしよう
  • 外国人と話して伝わらなかったら嫌だな
  • 失敗するの嫌だから今日は話すのやめよう

小利口だと外国人と話すまえに準備を完璧にしようとしたり、やるまえから無駄な心配をしてしまいます。

正直なところ、失敗しても失うものはありません。強いて言えば少し恥ずかしいだけです。その少しの恥ずかしさのために失敗を恐れて行動しないことは大きな機会損失ですよ。

バカはとりあえず行動する

バカは後先考えずとりあえず行動します。英会話ではとりあえず行動が大切です。

バカマインド

  • 外国人を見つける、とりあえず話してみよう
  • 失敗しても気にしない
  • 話の核さえ伝わればいい

バカは、まずは外国人と話してみます。自分の知っている英単語を使ってなんとか話します。

たとえ自分の言いたいことが完全に伝わらなくても、なんとなく伝わればいいと思っています。失敗を気にしないので何回も外国人に話しかけます。

そのうち失敗から英会話のコツを掴んできます。英会話は机の上でガリガリ勉強するより、外国人とバンバン話したほうがいいのです。そのほうが楽しいし上達します。

バカになるということ

バカは実践経験が多いからすぐに英会話ができるようになる

英会話学習において、バカになることはメリットが大きいです。自分はバカだから失敗して当たり前というマインドを持っていれば、外国人に話しかけることができます。

小利口な人も英会話ができるようになりたいなら、バカマインドを持つようにすればいいのです。

無駄に失敗のことを考えいるといつまでたっても行動できなくなります。それに英会話は外国人とはなして実践から学ぶことのほうが多いのです。

バカになって外国人に話しかける→伝わらない、悔しい→伝わらなかったところを勉強する→伝わる

実践から学んだほうが無駄な英単語や文法を勉強せずにすみます。使えるリアルな英会話を学べるのです。

8回留学や留学生と常に英会話してきたタビんちゅが言うので間違えないです。

バカであると同時にやるべきこと

偉そうに述べてきましたが、タビんちゅも最初は外国人と話すのは怖かったです。

「失敗したらどうしよう」と思ったときはいつもバカマインドを思い出して「失敗は当たり前、行動しないと後悔するぞ」と自分に言い聞かせていました。そしてある時から情報収集もするようになりました。

相手の国の情報収集をする

大学生の頃からやっているのですが、英会話をするまえに、少しスマホで相手の国について調べていました。このことが留学生にウケが良かったので皆さんにシェアします。

  • ありがとうを相手の国の言葉で言う(母国語が英語でないとき使える)
  • 相手の国の料理や観光地の写真をスマホで見せながら質問する
  • 日本独自のものを教える(タクシーは自動でドアが開くけど乗ってみた?など)

外国人と長く話したいなら話題が必要になります。タビんちゅはいろんな国の留学生と話をしているうちに、トークネタのスットクが増えていきました。慣れですね。

トークネタに興味がある方はこちらもどうぞ

『【英会話】初対面の外国人と上手く会話する方法【コツは3つです】』

外国人と友達になると世界が変わる

タビんちゅの経験を交えて話すと、外国人の友達ができると英語の勉強になる以外にも、素晴らしい経験もたくさんできます。

  • 海外の文化に触れることができる
  • 習慣・宗教の違いを知る
  • 海外に行ったときガイドしてくれる

海外の文化に触れることができる

留学生の家に招かれて、留学生の国の料理をご馳走になったり、文化交流会で海外のダンスを教えてもらったりできます。

習慣・宗教の違いを知る

習慣・宗教の違いを知りました。イスラム教の人は日本の一般のスーパーで売っているお肉は宗教上たべれないので、専門店で売っているハラールミートを食べていたり、断食の期間中は日中、食事はもちろん水でさえ飲むことができなかったりです。

また、ベジタリアンの人は日本のレストランや食堂では食べれるものを探すのに苦労することを知りました。

海外に行ったときガイドしてくれる

いろんな国に友達がいるタビんちゅは、現地の友達に彼らの国をガイドしてもらいます。

地元の人しか知らない美味しい食堂に連れて行ってもらったり、観光客がいない絶景スポットに連れて行ってもらったり、ふつうの観光客ではできないことばかりです。ありがたいことにいつも素晴らしい経験をさせてもらっています。

英会話を始めた頃は、こんなに素晴らしい体験ができることを知りませんでした。大学生のときに、勇気をだして留学生に声をかけ続けて良かったです。

最後に:小利口な人もバカになることができる

英会話をしたいなら、外国人と話すことがいちばんです。

失敗を恐れて考えすぎてしまう小利口なひとも、バカマインドを知っていれば失敗が気にならなくなると思います。一度、思い切ってバカになって外国人に話しかけてみてください。

思っているより英語は通じますよ。タビんちゅは最初、外国人と話すときは知っている簡単な単語を並べるだけの英会話でした。そんなタビんちゅでもできたんだからあなたにもできます。

失敗は当たり前です。とりあえず外国人に話しかけましょう。行動しなければ何も始まりませんよ。

読んでくれてありがとうございました。

よかったらTwitterのシェアをよろしくお願いします。タビんちゅの励みになります。