【3分解説】高校レベル3000語の英単語で英会話はできます【断言します】

Hey guys! 

すでに英会話できるスキルがあることを知らないあなたへ。

「英会話は必要な英単語だけでできます。あとは実際に外国人と話しながら学ぶほうがいい。」

こちらを解説していきます。

本記事の内容

  • 英単語を覚えれば覚えるほど英会話ができるは幻想ですよ
  • 難しい英単語を覚えてもいいけど、先にやるべきこと
  • 最後に:おすすめのオンライン英会話と単語帳

この記事を書いたタビんちゅは、

大学生の頃からオンライン英会話を5年
オンライン英会話に2500時間以上
セブ島留学を1.5ヶ月+1.5ヶ月+9ヶ月でほぼ1年
台湾、韓国、マレーシア、アメリカ、オーストラリアで留学経験
大学では留学生2人とシェアハウス
大学での友達は9割留学生でした。

タビんちゅは、外国人と話すときはシンプルな表現を意識しています。そのほうが伝わりやすいからです。

3分くらいで読めますのでサクッと読んでみてください。

英単語を覚えれば覚えるほど英会話ができるは幻想ですよ

難しい英単語をたくさん覚えても、英会話できるようにはなりません。

言いたいことが伝わる英会話に必要な英単語の数

言いたいことを伝えるために必要な英単語数を知っていますか?

だいたいの目安

  • 言いたいことが伝わる英会話の語彙力 3,000語
  • 簡単な日常英会話に必要な語彙力   5,000語
  • ビジネスシーンで必要な語彙力    12,000語

だいたい3000語です。3000語は多いように見えますが、実は高校卒業までに学習する英単語数は3450語です。

つまり、高校を卒業するまでに習う単語を確実に習得していれば「言いたいことが伝わる英会話の語彙力」はあるということになります。

「言いたいことが伝わる英会話の語彙力」があるのに話せない理由

先にも述べたように、ほとんどの人はある程度の英会話ができる語彙力を持っています。しかし現実的にはほとんどの人は英語が話せません。

高校までに習った英単語を忘れているということもあるかもですが、それよりも原因はシンプルな英語表現に慣れていないというところにあります。

結論からいうと、外国人と話す実践経験が少ないということです。詳しくは後ほど解説します。

タビんちゅの例をだすと、留学生と話をするときはできるだけシンプルな英会話で伝えるようにしています。

日本人の友達の中には留学生と話す時、難しい英単語・文法で話そうとして話が続かない人もいます。これはもったいないことです。

英語はコミニュケーションです。まずは伝えることを最優先に考えてシンプルな英会話をしたほうがいいですよ。

難しい英単語は使う場面が限られている

これを読んでくれている人の中にはTOEICの勉強をしている人もいると思います。そんな人に知ってほしい事実があります。

TOEIC高得点=英会話できるではない

ということです。

残念ながら事実です。なぜならTOEICはビジネス英語中心で日常ではあまり使わない英語の問題が多いからです。汎用性に欠けます。

また、スピーキングとライティングの能力を測ることもできません。TOEICでいい点を取ったところで外国の人と英語で会話ができるようにはならないのです。

TOEIC850点以上でも英会話できない人は多いです。逆にTOEIC500点くらいでも英会話できる人もいます。

もちろん850点以上で英会話ができる人もいますが、その人はTOEICだけで英会話ができるようになったのではなく、英会話用の勉強をしている人です。

目的と手段を間違えないください。

  • 目的:進級に昇給にTOEIC高得点が必要 手段:TOEICの勉強をする
  • 目的:英会話できるようになる 手段:実際に英会話から学ぶ

 TOEICに必要な難しい英単語は日常で使う機会は限られています。それよりは、まず実際に使う英単語から覚えたほうがいいです。

難しい英単語を覚えてもいいけど、先にやるべきこと

ここまで読んできてだいたい分かってきたと思いますが、英会話できるよになりたいなら実際に英会話するしかないのです。

難しい英単語より、日常英会話で使う英単語

英会話で一番必要なのは英単語力です。英単語を知っていれば、知っている単語をつなげてなんとか会話することができます。英文を読むときも単語さえわかれば、だいたいのことは読みとることができます。

では、どんな英単語から優先的に覚えればいいのかですが、タビんちゅがやっていたのは次の3つです。

  1. 自分に必要な身近な名詞から覚える
  2. シンプルな動詞を使って会話する
  3. わからなかった単語はスマホですぐ検索

①自分に必要な身近な名詞から覚える

身近な名詞の英単語は1日のうちに何回も使います。それはあなたにとって必要な英単語ということです。しかも頻繁に使うので、すぐに覚えることができます。

②シンプルな動詞を使って会話する

同じ意味の動詞はよりシンプルで覚えやすいものを覚えて使えばいいです。難しそうな動詞は実際の会話でよく使うのなら覚えるという感じでいいです。

③わからなかった単語はスマホですぐ検索

会話中にわからなかった単語はスマホで検索して使えばいいです。その繰り返しであなたのボキャブラリーが増えていきます。

英単語を覚えたいなら、外国人と英会話したほうがいい

先ほどの「外国人と話す実践経験が少ないということです」の解説ですが、タビんちゅの経験も交えて書いていきます。

タビんちゅは留学生と話すとき、シンプルな英語表現を意識して話していました。自分の知っている英単語、表現を無理せずに使っていました。

シンプルな表現なのでスムーズに会話することができて、さらに留学生の中には英語が完璧ではないノンネイティブの韓国人や中国人やタイ人もいたので英語はシンプルのほうが伝わりました。

逆にカッコつけて、会話中に難しい表現ばかり使おうとすると、頭の中で文章を作るのに時間がかかってしまい、お互いに少しずつストレスになっていきました。

  • シンプルな表現の英会話(お互いスムーズに会話できる)
  • 難しい表現の英会話(お互いにストレスになる)

外国人と話す実践経験が少ないと、何がシンプルで何が難しい表現なのかわからないと思います。実際に話すことが増えると無駄な表現がなくなり、よりシンプルな表現になっていきます。

例えば、外国人との会話から学ぶことができます。

外国人と会話する→外国人がシンプルな表現をする→こんなシンプルな表現でいいんだと知る→自分でもそのシンプルな表現を使ってみる

この繰り返しで自分の英語表現が実践的でシンプルになっていきます。日常会話は意外とシンプルな表現ばかりです。そしてシンプルだからこそ自信を持って会話できるし、スムーズに伝わります。

最後に:おすすめのオンライン英会話と単語帳

外国人と英会話をしたほうがいいのは分かったけど、身近に外国人がいないよ。という人のためにおすすめのオンライン英会話を紹介して終わりにします。

おすすめは、タビんちゅもヘビーユーザーのネイティブキャンプです。
今なら7日間無料体験レッスンができますよ。

詳しく知りたい方は
『【初心者必見】英会話教室よりオンライン英会話が圧倒的におすすめ【コスパが神です】』を読んでみてください。

それと、英会話の英単語を覚えるならこの一冊で十分だと思います。

中学レベルの単語200、高校レベルの単語1200、熟語300の計1700見出し語を収録。

あとは、実際に外国人との英会話から学びましょう。

最後の最後にひとこと。英語ができると楽しいです。ありきたりの言い方ですが本当に世界が変わります。外国の人と友達になったり、海外の文化に触れたり、日本人とは違う意見をきけたりしますよ。あと外国の人と付き合うことができるかもですよ。

読んでくれてありがとうございました。

よかったらTwitterのシェアをよろしくお願いします。タビんちゅの励みになります。

1 COMMENT

現在コメントは受け付けておりません。